イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

東京で仁義なきハロウィンの聖地乱立戦争が勃発!

新宿×渋谷×池袋×六本木、生き残る街は何処だ?

近年、国内でも盛り上がりつつあるハロウィンパーティーですが、東京は今、空前のハロウィンの聖地乱立ブームが巻き起こっています。

 

ハロウィン激戦区 

 

昨年くらいから一気にどの街でもプッシュが強くなってきた印象がありますが、やはりその中でも特に新宿×渋谷×池袋×六本木辺りが参加人数も多く、企業の参入などもあって盛り上がりを見せているのではないでしょうか。コスプレといったこうした面白いイベントに秋葉原が絡んでこない辺り、街としてのパワーバランスの変化を感じずにはいられませんが、秋葉原に関しては年中ハロウィンみたいなことなのかもしれませんね(笑)

管理人も、昨年、新宿と六本木、池袋に関しては街の様子を見に色々周っていました。新宿に関しては、今から10年ほど前、ハロウィンの時期に外国人の方が集まって山手線に乗り込むというムーブメントが流行っていたのですが、最近は一般的にハロウィンが普及してきているので、あまりやっていないのかもしれませんね。

そこで気になるこの話題。東京のハロウィン事情は、乱立か集約か?

ここにきて大きく成長しつつあるハロウィン。果たして聖地として何処が抜け出すのか、ハロウィン聖地戦争が勃発しています。一応、それぞれの街にちょっとした差や、層の違いがあるのですが、面白いのは山手線で言うと左側、東京23区で見ると、殆どが西側に偏っているのが分かりますが、これは何故なのでしょうか?

それこそ秋葉原で盛り上がってるとまた変わってくるのですが、丸の内や、品川といったオフィス街にはやはり似合わないんでしょうかね。

こうなると、疑問なのが果たしてこの乱立状態は、今後このままなのか、果たして何処かに集約されていくのか。街の規模もそれぞれ巨大で、各々十分に成り立ってるようにも思えるので、案外このまま乱立状態で並走していくのかもしれません。

しかし、そうなると各地で、他には負けない独自の特色がこれから出てくるのか、或いはそれをどう作り上げていくのか。新宿なら新宿のハロウィンが、渋谷なら渋谷のハロウィンが、それぞれの街にどう根付いて成長していくのか期待でもあります。

集約される場合、果たして聖地が何処になるのか。
渋谷か六本木な気がしますが、果てさて。

本来であれば、地方でこそこういう明るい年中行事は普及して街を盛りあげていって欲しいのですが、それは中々難しかったりするんですよね。因みに、池袋については既に他の街とは全く毛色の違うハロウィンとして独自発展しているので、これはもう立ち位置としても揺るがないでしょう。

そう、今月末に開催されるオタク達のハロウィンパーティー!
 『池袋ハロウィンコスプレフェス』は、他と全く違う構造で成り立っているので、去年に引き続き池袋を混沌の渦に巻き込んでくれるではないかと期待しています♪

これにはついてはまた別に紹介しますが、何せこっちはハロウィンのときに、ちょっとだけはしゃいで仮装する一般ピープルとは違って、年中コスプレして楽しんでる本場のレイヤーの祭典だけに、クオリティが違うってもんよ!

後、このイベントは豊島区が戦略的に開催しているという点でも大きく異なっているのですが、それはまた後日。
 

果たして、東京ハロウィン戦争の勝者は誰だ!