イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

池袋ハロウィンコスプレフェス2015、2日目レポート

f:id:ikebukulog:20151102012701j:plain

音爆弾投げなきゃ......(フンター並の感想)
MHX楽しみです! おともハンターとしてアイルーさんに働きに期待*1

さてさて、前日の寒空から一転、朗らかな秋晴れの陽気に恵まれた池袋ハロウィンコスプレフェス2015、2日目のレポートです。

ikebukulog.hatenablog.jp

 

 

f:id:ikebukulog:20151102013615j:plain

昨日に続いて中池袋公園では様々な造形物が展示されていたのですが、圧巻の武器のクオリティや、ディアブロスさんの模型など、ここまで来るともうコスプレというか造型師さんといった感じで、山奥で轆轤を回しているような職人さんを見てる感覚です。これがコスプレの奥の深さ!

コスプレしゅごい......。
2日目も参加していたのですが、前日問題になっていた更衣室の入場待ちが劇的に改善されたようで、12時を向かえる頃には東池袋中央公園、サンシャインシティ共に人で溢れていました。初日はオープニングやフリーステージ抽選といった午前中のプログラムが行われているときにはコスプレイヤーさんも少なく寂しい感じだったのですが、2日目は一気に華やかになっていて運営さんの頑張りが光ってましたね。お疲れ様です!

そうした頑張りもあって、13時からのギャザリングや中池袋公園、サンシャイン通りなどにも早い段階で人が流れていて、町ぶらり中継など、上手く各種プログラムとピークが噛み合って全体のボリューム感が大幅アップ。活気付いていて見ているだけでもとても楽しかったです。やっぱり池ハロはこうでなくちゃ!

f:id:ikebukulog:20151102015647j:plain

前日の刀剣コスプレからハロウィンらしいコスプレにチェンジのメインMCウサコさん。成賀くるみさんはラブライブの星空凛ちゃん聖誕祭ということで、凛ちゃんのコスプレをしていました。途中で衣装も変わってましたよ。

f:id:ikebukulog:20151102020207j:plain

本日のトリックオアトリート。
前日が寒かった所為か、比較的暖かそうな服装をしています。冬コミとか行くといつも思うのですが、あの寒い中、コスプレ広場で薄着で頑張ってるレイヤーさんは本当に凄い.......。暖かい日で良かったです(´∀`)

f:id:ikebukulog:20151102020824j:plain


宣伝や告知的なステージは前日までで、2日目はパフォーマンスステージが多く、フリーステージやコスプレカラオケなど参加しているコスプレイヤーさんが楽しめるステージイベントが盛り沢山でした。

スペシャルアクトで登場するチームの皆さんはやはりそれだけクオリティが高く、練習の跡が伺えます。パフォーマンスもダンスや寸劇、殺陣といった様々な種類があり、コスプレの新しい形として、コスプレパフォーマンスというジャンルがこれから大きく飛躍していくのを予感させるステージでした。

和装でダンスとか想像以上に動きに難いと思うのですが、ステージに立つからには、キッチリ仕上げてあるのがとても素晴らしいです。

 

f:id:ikebukulog:20151102021604j:plain

ドキュメンタリー映像から始まったスペシャルアクトFromバンタンさん。バンタンコスプレ部の皆さんが2ステージ行いました。流石はコスプレ部。装飾のクオリティが高く、一瞬で衣装を変更する早着替えなどの素晴らしい技に、会場から歓声や拍手が上がっていました。衣装だけではなく、小物やBGM、SE、曲なども自作したというバンタンコスプレ部の皆さん。殺陣の動きの止めに、ちゃんと表情が見得を切っているなど、細部に渡るキメ細かな配慮が行き届いていて、その完成度に感動です。

f:id:ikebukulog:20151102022454j:plain

ここが俺達の甲子園だ!

池袋は甲子園だったのか!? ガ━(゚Д゚;)━ ン !!!
同人やコスプレという文化は特にそうだと思うのですが、披露する場所があるということがとても大切な事なんだと改めて教えてもらった気がします。

f:id:ikebukulog:20151102022853j:plain

中池袋公園の方では、ラブライブが勢揃いしていたり、こちらも前日と比べて大混雑で、特に大人気だったのが、しまっちゃうおじさんにしまわれるコーナーがあったのですが、最後尾札が出るほど行列が出来ていたので諦めました(´・ω・`)

私もしまわれたかった......。でも、しまわれたらしまわれたで夜中に悪夢にうなされそうな気もするのでこれで良かったのかもしれない。そうだ、良かったんだ!

幼少の頃、アニメでしまっちゃうおじさんを見てめっちゃ恐怖した記憶が未だにトラウマとして残ってます(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

f:id:ikebukulog:20151102024115j:plain

ギャザリングコーナーでは、プロの方に写真を撮ってもらえるステージや、テーマカラーでの合わせなど、こちらも盛り上がっていました。フリーのときに特に人気だったのがアベンジャーズ。アイアンマンなど、今にも地球を救いそうなゴツいコスプレをしていましたが、他にもふなっしーといった変わったコスプレなども盛り沢山。

f:id:ikebukulog:20151102025309j:plain

どうやってこの衣装を運んできたのかとても気になる(笑)
途中でガンダムが参戦してきて大盛り上がりだったのですが、重装甲で前が見えず足元がおぼつかないのか、手を引いてもらいながらよちよち歩き引率してもらっている姿がキュートすぎて爆笑が起こっていました。

f:id:ikebukulog:20151102025820j:plain

スペシャルアクトも最後のステージともなると、その後のフリーステージ抽選会などもあって東池袋中央公園の盛り上がりと混雑は最高潮に。

f:id:ikebukulog:20151102030528j:plain

それぞれが最高のステージを魅せてくれます。ラストを飾ったのは、劇団★チーズ蒸しパンさん。アニパフォでも全国決勝に出場していたり、WCS2015といった大きな舞台にも立ってらっしゃる有名なチームさんです。

銀魂のコスで何をやるのかと思ったらまさかの......

 

f:id:ikebukulog:20151105211627j:plain

これは、ス、スリラー!?


これにはマ○ケルも苦笑いな金切り声のスリラーに会場大爆笑でした。コスプレパフォーマンスって、華やかだったり格好良かったりしますが、意外とこうギャグで魅せるステージってあまり見かけないので、そういう意味でも実力のあるチームさんだからこその貫禄のステージだったのではないでしょうか。バックモニターに流れるニコ生のコメントでも、このスペシャルアクト開始直後から、チーム名が流れていて期待されていましたし、知名度の高さというのを感じられました。まさにコスプレパフォーマンスの花形ですね!

 

番外編

 

2日目も西武パルコ屋上まで行ってきたのですが、こちらではアニソンDJイベントが開催されており、オタ芸とかやっていてそれもまた楽しい(笑)

以前、1度だけアニソンDJイベントというのに参加したことがあるのですが、クラブハウスで普通に踊っている姿をみて、もうサブカルチャーとか言って分類するのがそもそも間違ってると思い知らされました。どっからどうみてもリア充文化です。

パルコ屋上という普段では解放されない貴重な場所だったのですが、距離的に少し離れていた所為か、折角のアニソンDJイベントだったので、もう少し上手く人が流れてくるともっと盛り上がったんだろうと思うのですが、そういう色んな課題も含めて来年以降の改善点として、徐々に良くなっていくことを期待しましょう。

それともう一つオマケな話。
東急ハンズから首都高沿いを左にずっと行くと、「執事眼鏡 eyemirror」というお店があって、そのすぐ先にローソンがあります。そこから道路の反対側にいける短い高架下トンネルがあるのですが、お昼過ぎにコンビ二でご飯買って食べようと思い移動してたら、そのトンネルの中になんだか気になる3人の男女が!

女性の方は若干着崩したようなイマドキの女子高生制服姿で円柱のようなパイプに腰掛ける感じで座っており、男性2人が何やらゴソゴソと......。ほのかに立ち込める如何わしい雰囲気に、ひょっとしてこれは援交現場なのでは......? と、衝撃の瞬間を目撃した気分でドキドキしながら横を通り過ぎたのですが、良く見ると男性がカメラを構えていて、女性の方も何処かで見たことがある服装......。

し、しぶりん! しぶりんじゃないか!?

なんてことはなく、渋谷凛のコスプレイヤーさんが撮影をしているだけだったんですが、めっちゃドキドキした。まさかそんなところでまで撮影してるとは思わなかっただけに、

やっぱり、しぶりんは援交なんてする娘じゃないな!
と、安心したとかいう本当にもうどうでもいい小話です(笑)

 

昨年の反省を踏まえて大きく改善された池袋ハロウィンコスプレフェス

 

昨年は中池袋公園にステージが設営されていたこともあり、混雑しすぎて撮影エリアも曖昧になっていたりという部分もあって、路上にコスプレイヤーさんが溢れて車が通れないとか、ゴミやモラルと言った面での苦情が出たりもしたのですが、そうした反省を踏まえて今年大きく改善されていたことは、今後もイベントを継続していくという強い意思を感じられてとても安心出来ました。

スタッフさんが少なくて誘導や整理の人手が足りてなかった状況も各所に大増員されていましたし、撮影エリアをかなり限定したこと、サンシャイン60通りにレッドカーペットを引いたりといった無茶をしなかったことなどもあってか、運営面では非常に上手く機能していたのではないでしょうか?

勿論それでも多少はそうした苦情なども出たりするのでしょうが、それはもうイベントごとを開催するなら何でも同じですし、今後更に10万人規模のイベントに成長させていくと宣言してることからも、10万人を受け入れる街の許容量といったことを考えると、混雑具合は年々加速いくでしょう。だからこそ出来るだけ努力するといった姿勢が大切ですよね。

その点から見ても、今年の池袋ハロウィンコスプレフェス2015は、大きな問題と言えるような問題は見られなかったと思いますし、今年は大成功と言えるのではないでしょうか。

それではまた来年、

せったい、楽しいから集合!

*1:きょ、極限クリア出来るし! 嘘じゃねーし!!