読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

コスプレCureがWorldCosplayに統合。求められているのはアーカイブス?

コスプレ

ja.curecos.com

 

今月からいよいよ画像の投稿が出来なくなるCure。長年コスプレサイトサイトとして最大手でしたが近年ではコスプレイヤーズアーカイブスの方が盛況ですよね。

両者の違いは何なのでしょうか?
コスプレ文化も少しずつその形を変えてきているようです。

 

多様な時代のコスプレ文化

 

■「Cure」サービス終了までのスケジュール
2015年11月 投稿画像一括インポートの提供 (※1
2015年11月 画像投稿サービス停止
2016年2月 メッセージ(テキスト形式)ダウンロード
2016年2月 メッセージなどSNS機能サービス停止
2016年3月末 サービス終了

移行出来ないものを見ると、画像のインポートは出来ますが、日記のインポートは出来ないみたいですねー。これは結構痛そうです。

統合の理由としては、ある程度クローズドなSNSより、オープンに公開するような時代になっているとの事ですが、これはSNSが辿ってきた社会変化の流れと大まかな部分で一致するところではないでしょうか。TwitterやLineなどSNSが幾らでも存在している今、クローズドなSNSで仲間を見つけて交流するという部分が時代に合わないズレてきているというのは納得できる理由です。WorldCosplayはSNS部分がオミットされていたりしますしね。そこは他のSNSでやってくれということなのかな。

それにそんなにいっぱいSNSがあっても扱いきれませんしねw
繋がる時代だからこその部分が強いと思う。逆にそういう時代だからこそなのか、私なんかは、ふとした瞬間、携帯をへし折ったり投げ捨てて誰とも繋がりたくない衝動に駆られる事があるんですけど、これも一つの現代病なのかなぁ(笑)

なんかこう常に繋がってる時代だからこそ、全部放り出したら清々しいまでの開放感に包まれるんだろうなっていう甘い欲求が......ありますよね?

そんな個人的な事情はどうでもいいんですけど。森久保ですけど(違います)ポートフォリオ的な部分を強化するという点でもアーカイブスの方が人気になるというのは何となく分かる気がします。

今では集まってスタジオ借りて撮る時代ですからねー。
変われば変わるものというか。

コスプレ文化も、即売会と一緒に併設されてきた時代から独立して、今ではここまで単独で発展してきました。その中でも特に変わったなと感じるのが、コミケなどでのコスプレ広場の空気と単独開催されているようなコスプレイベントだったりとかは空気が決定的に違うんですよね。それは本当に変わった部分だと思います。

コミケとかだと撮られる為のコスプレっていう面が強いように感じますし、逆に池袋なんかでコスプレイベントがあると、好きだからやってるっていう感じで、特に男装系の比率とか如実に差があります。けれど、それは別にどっちがどうっていうわけでもなくて、楽しみ方は人それぞれで、一つの文化が大きくなっていく中で生まれた多様性とか細分化とかそういうものなんでしょう。

それこそ今では動くコスプレと被写体としてのコスプレというものまで出てきて、文化的な意味でも実はあんまりコスプレって研究されてきていないっていうか、そうした価値観、意識といったことがあまり語られてきないような気がしていますねー。

言葉自体もコスプレはコスプレであってコスチュームプレイの略ではないみたいなマインドの変化だってあるわけで、いつしかそういうこともちゃんと学んでみたいなぁと思ってるんですけど。

そういえば、昔イザークのコスプレをしt......なんでもないです。