読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

【映画】衝撃の問題作「プロメテウス」の続編「エイリアン:コヴナント」が発表!!

映画

f:id:ikebukulog:20151119151017j:plain

 

 

ええええええええええええええ!!!???

 

 
  ∧_∧
⊂(#・ω・)  人類じゃなくてエイリアンの起源じゃねーか!
 /   ノ∪
 し―-J |l| |
         人ペシッ!!
       __
       \  \
          ̄ ̄
 

 

ド級のB級ク○映画再び

 

www.cinematoday.jp

 

まさか本当に続編をやるのかw

衝撃の問題作「プロメテウス」続編の報に別の意味で期待が抑えきれません。前作プロメテウスは「人類の起源? この映画面白そうだから行こうよ」と、知り合いの女性に誘われて観に行ってきたのですが、事前知識ゼロのまま映画を観ていて、未開の惑星でのドタバタ珍道中に観終わった後思わず、

 

エイリアンじゃねーか!!

 

と、ツッコミを入れてしまいました。あの映画が終わった瞬間、劇場内の「これってク○映画なんじゃ......」っていうどよめきとザワザワ感が忘れられません(笑)

 

続編はちゃんとタイトルが「エイリアン:コヴナント」になっているので流石にもう騙される人はいないでしょうが、プロメテウスは事前の宣伝でエイリアンであることが明かされてなかったので、知らず知らずに観てしまいエイリアンの知識がない人にとってはこれが何なのか全く内容が分からないという。私の知り合いもそんな感じで、「え? これ何なの?」っていう話を映画終了後に散々聞かれましたが、要はSF映画っていうかお馴染みのグロテスクなパニック映画で、そう思って観てないから肩透かしに合ってしまうのよね。

 

宣伝方法が問題視されている今作ですが、どうも日本限定らしく海外では普通に宣伝されているそうで、つまるところ日本の宣伝部がエイリアンじゃないと思ったらエイリアンだった! みたいな宣伝をしたことに原因があるようですね。実際、こういうのは信用されなくなっていくので止めた方が思います。素直にエイリアン映画だよって言ってくれた方が観に行きたくなるw

 

じゃあ宣伝以外の部分、内容の面ではどうだったかというと、未知の惑星に降り立って遺跡調査をしてるのに考えられないほど愚かなテンプレ行動を連発して死んでいく面白船員クルー。最新ハイテク便利道具を使って迷子になるなよ!

 

「俺達は戻るからな」って、何だよそのフリ! フラグかよ!

 

ヒロインが帝王切開でエイリアンを産んでお腹をホッチキス止めして止血した状態で暴れまわったり、爺さんが長年の夢だったエンジニアにあった瞬間、殴り殺されたり、何故か娘が乗っていたり、意味深なアンドロイドが自我に目覚めたはいいけど何故か裏切り行為を働いた挙句やっぱり殴り殺されたり(一応アンドロイドだから首だけになっても死んでないんですけど)、エイリアンとエンジニアがプロレスしたり、そしてそれが合体して今のエイリアンの形として新たに誕生したり、全編に渡ってツッコミが追いつかないほどシュールな内容が続き、映画の力強さを教えてくれます。

 

結局何故エンジニアは地球人をこの惑星の自分達の武器庫に呼んだのかとか色んな謎がいい感じに放り投げられているので、この映画単独で観るとまるでスッキリしないのですが、いよいよ続編でその辺りの謎が解けたりするのでしょうか。因みにヒロインは最後宇宙船に乗って楽園へ飛び立ちました(笑)

 

私が観たのは字幕版だったので、吹き替えの方は知らないのですがそちらもそちらで某ランチパックの人が吹き替えしてて物議を醸してたと思うのですが、続編で続投するのでしょうか......。

 

アレコレ言ってますが、ここまでの腹筋にじわじわ来る映画はそうはないので、勿論続編の「エイリアン:コヴナント」も観に行きますよ!

 

前作の感じだと絶対ロクなことにならないと思うので、色んな意味で楽しみです。名作だったらそれはそれで良いですし、ただエイリアンなのでやっぱりグロ映画になるのは避けられない(笑)

 

いやぁ、楽しみだな(*゚∀゚)=3ハァハァ