読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

【げんしけん二代目】スーちゃん告白で、斑目先輩争奪恋の四角戦争遂に決着か!?

アフタヌーン 2016年1月号 [2015年11月25日発売] [雑誌]

アフタヌーン 2016年1月号 [2015年11月25日発売] [雑誌]

  • 作者: 芝村裕吏,キムラダイスケ,ひぐちアサ,草水敏,恵三朗,藤島康介,高橋ツトム,木尾士目,北道正幸,久野田ショウ,沙村広明,幸村誠,ヤマシタトモコ,横山キムチ,藤沢数希,井雲くす,端野洋子,清家雪子,篠房六郎,ほづみりや,瀧波ユカリ,安彦良和,市川春子,西本英雄,芦奈野ひとし,木村紺,西尾維新,チョモラン,高松美咲,森田るい,カラスヤサトシ,庄司創,永田礼路
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/11/25
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

 
 r'⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒ヽ ⊂゙⌒゙、∩
ヽ__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__ノ  ⊂(。A。)キタ━━━━━!!!!!!
 
 
 
斑目先輩を巡る恋の四角関係もいよいよ佳境に突入。
恵子ちゃんとアンジェラさんが一歩引いてスーちゃんvs波戸くんの様相を呈していますが、今月号で遂に斑目先輩に告白したスーちゃんに対して、波戸くんはどう出るのか、果たして次号決着なるか!?
 

 

スーちゃんきゃわいぃぃぃいいいい!!!!
 
 
ハトマダのカップリング推しの私でも、流石に可愛いとしか言えない今月号のスーちゃん。「ネコ夜叉おすわり!」に和まざるを得ない。
 
自らの言葉で、始めて「好き」という言葉を伝えたスーちゃん。
紆余曲折あってここまで来ただけに、ずっとテーマになってきた斑目先輩失恋から続く新しい恋の行方にようやく決着が付きそうなところまで来ました。
 
波戸くんに言われてというのがまた可愛いのですが、普段なかなか自分の言葉で話さないスーちゃんだからこその真剣さがあって、輪投げでチューとかラストの写真の可愛さなんなの......。
 
それぞれ順番で周ってきた鎌倉旅行ですけど、アンジェラさんと恵子ちゃんはアレで決着になったのかな。恵子ちゃんはともかく、二代目始まってからずっと積極的に来てたアンジェラさんなので仲良くなって欲しいっていうのもあるのですが、背中を押し続けてくれた人だからこそ無碍にしたくないというこの葛藤(笑)
 
私は最初から個人的に波戸くん推しだったんですけど、この四角関係はみんながみんな魅力があって、そして斑目先輩が困るというのが面白かったんですよね。生まれて始めて告白をして必然的にフラれた後、駄目人間になりたがっていた斑目先輩を放っておけずにいつの間にか形成されていた斑目ハーレム。初めてのモテ期に戸惑って流されることしか出来なかった先輩も、いよいよ自分で自分の気持ちに結論を出すときがきて、どういう形に落ち着くのか月刊連載だから先が気になるのに長いから困る。
 
 
4人の中でも特別、難しい恋をしてる波戸くん。
アニメでは波戸くんを中心に描かれてましたけど、女装は趣味か生き方なのか。
ジェンダーという大きな問題の中で、人とは違う趣味、人とは違う生き方、それを気にしないで受け止めてくれる先輩を次第に好きになっていく波戸くん。
 

f:id:ikebukulog:20151127143037p:plain

先輩を見る目がもう完全にメス顔の波戸くん。

 
でもこれって、本質的にオタクらしい気質というか、今は信者だのアンチだの対立煽りだのステマだの排他的な面が酷くなりゴチャゴチャうるさいですが、自分と違うものを認める、マイノリティを尊重するというのは昔からオタクが持っていて大切にしてきた価値観であって、だからこそ斑目先輩はそこに対して非常に寛容であり、波戸くんを受け入れていて。
 
どう考えたって、女装している男の自分が男の先輩を好きになる。それって自分も、そして相手も幸せにしない選択だっていうことは明らかです。普通に女性と結ばれた方が良いに決まってる。けれど、それでも諦めきれないからこそ、恋というのは厄介で美しい。
 
連載では数ヶ月前ですが、作品内の時間軸だと前日のホテルで、そんな自分を受け止めてくれたっていうのもあって、諦めようとして、でも諦めきれない。スーちゃんにアドバイスを送りながらも、次は自分の番だからっていう波戸くんの恋する乙女の本気っぷりが眩しい最新号でした。
 
どっちを選んで悶絶する展開になることは間違いないので先が読みたいような恐いような。でもやっぱりこれまで単行本10巻掛けて描写されてきた波戸くんの物語といってもいい「げんしけん二代目」ですから、どうなるんでしょうねぇ......。
 
ショートボブのウィッグ好きなんですけど、最近付けてくれなくて(´・ω・`)ショボーン
もう一人の自分を受け入れて気持ちに整理がついたかららしいのですが。
 
 
スーちゃんと波戸くん、どっちと結ばれるにしても幸せになってもらいたい。
二代目が何故、斑目先輩だけが初代からのキャラでメインなのかって考えると、1番オタクらしいオタクだからなんだと思うんですよね。物語の舞台が秋葉原的な文化から池袋的な文化に移り、げんしけんのメンバーも女性がメインになって、そんな中で唯一過去に取り残されてる。だからこそ卒業する為の物語になっていて、果てさて誰の恋が実るのか、完結は近そうです。
 
 
アニメ2期やらないかなぁ......。
アニメはちょうど本格的に斑目ハーレムになる直前で終わってるんですよね。
ここからが面白いのに(笑)