イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

西武池袋本店、リブロ跡には三省堂書店がOPNE!

ikebukuro.books-sanseido.co.jp

 

 

書店の聖地は変わらない!?

 

惜しまれつつも閉店になった西武池袋本店リブロ跡に三省堂さんが入るということで、雰囲気的には以前と変わらないままの西部池袋本店。本が売れない時代と言われて久しい中で、頑張って欲しい物です。

 

 

正面にジュンク堂さんがある関係で、あそこは昔から本の聖地というか、地方だけではなく、都会でも独立した書店が少なくなっている中で、マニアックな品揃えでとても好きだった西部池袋本店リブロ。リブロさんは昔、アムラックス側面にも店舗があったのが、あそこもなくなってしまいましたし残念。カフェが併設されていてとても落ち着ける書店だったのですが。漫画とかだったらアニメイトさんとかでも揃うんですけど、一般書籍を買える場所がどんどん近くになくなっているというのは悲しいことです。

 

そんなリブロさんの跡地に三省堂書店さんがOPENということで、あの周辺が本の聖地なのは変わらなさそう。良かった良かった(´∀` )

 

とはいっても、全く同じだと変わる意味がないようで、何やら雑貨スペースとかも入っていて結構大きい。カフェもありますし、その辺で差別化していく感じになるのかな?

 

私は結構というか中々な愛書家なので、こういう大型書店とかもういるだけでテンションが上がっちゃうんですよ。新書とかなら30分くらいで読みきっちゃうので、日々部屋に本が積まれていって足の踏み場が困っちゃう。フロアガイドを見るとイベントスペースなどもあるのでサイン会などイベントの開催も積極的にされていくでしょうし、リブロが閉店と聞いたときとか絶望しましたが、ほんと良かった。

 

大型書店にはちゃんと役割があって、棚の関係上やっぱり専門書とかはこうした店舗じゃないと置いておけないわけじゃないですか。いざ何かをやろうとか調べようと思ったときに、それについて書かれている本を探すのは結構難しい。そういう意味でもこうした大型の店舗があるっていうことは安心感なんですよね。

 

今の時代、本を読む人って少なくなってきているっていうのはあるのでしょう。

昔は電車内で暇潰すのに本を読んでいた人も、今ではスマホを弄っている。それはそういう時代なのであって自然な変化と言えるんだけど、それでもやっぱり読書を良いし、あとこれは個人的な感覚なんですけど、本を読んでるときと、ネットやゲームなどを触っているときでは、頭の働いている部分が左右違う気がするんですよね。気のせいだろうと言われれば全くその通りなんだけど(笑)

 

本を読んでると、妄想脳が働くというか、アレはどうなるんだろうこれはどうなるんだろうみたいな思考の広がりを感じるんだけど、ネットやゲームをしてるときっていうのは、即応性というか、如何に素早くレスポンスを返させるかみたいな部分が働いて、思考が広がらない。これは機能的に優劣があるわけじゃないんだけど、不思議なもので、だとするならやっぱりどちらも適度に働かせないと駄目なんだと思うわけで。

 

何にしても、三省堂さんが入ってくれて良かったですよ。

これでまたジュンク堂と三省堂さんで大量に本を購入して、ニヤニヤと良い気分になることが出来る(笑)