読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』黒の組織、ジンさんは再び往年の輝きを取り戻せるのか!?

アニメ 映画

www.conan-movie.jp

 

 

ジン「ヒェ......この組織スパイしかおらんやんけ!」

 

 

黒の組織のセキュリティはガバガバ

 

アニメ見てたら市川AB蔵が本人役で出ててワロタw

 

ジンさんの胃に穴が空かないか心配になってくる劇場版最新作「純黒の悪夢(ナイトメア)」ですが、楽しみですね!

 

劇場版名探偵コナンは第1作目から映画館に観に行ってるので、かれこれもう20年続いてる習慣のようになってます。毎年映画終わりに来年の劇場版の一報が入るかどうかドキドキしながら映画を観ているのですが、20年目の名探偵コナンは、黒の組織編ということで、『漆黒の追跡者(チェイサー)』以来5年ぶりの直接対決。

 

映画では5年ごとに黒の組織編をやっているので、本編と相俟って盛り上がること間違いなし。一昨年は週刊少年サンデーの連載と連動して、ついに赤井秀一の正体が沖矢であることが、アニメならではの「音声」という演出で原作に先立って明かされるなど、仕掛けも盛り沢山であることから、そろそろ核心に近づきずつある、赤井、羽柴、世良の兄弟関係、そして未だ謎を呼ぶ「領域外の妹」の存在がこれから明かされていくことになるのでしょう。

 

黒の組織の幹部が登場することが明らかになっていますが、原作でも同様に「ラム」が、劇場版の方だとオッドアイの女性が登場するようです。FBI 赤井秀一、ついに正体が明らかになった公安 安室透、そしてジン、ベルモットなどそれぞれの思惑が混ざり合うスリリングな展開になること必須なので、早くも期待が有頂天です。

 

「漆黒の追跡者(チェイサー)」では、アイリッシュがコナンの真実に気が付くも、ジンさんがアイリッシュを殺害してしまい再び真実は闇の中へ。果てして今回はどんなバトルが繰り広げられるのか、日本版ダイハードこと、江戸川少年の獅子奮迅の活躍に要注目です。

 

劇場版も回を重ねる度に蘭姉ちゃんの戦闘力も上がっており、アイリッシュをフルボッコにしたかと思うと、昨年の「業火の向日葵」では素手でコンクリートを砕いていましたが、黒の組織が裏切りもだらけでジンさんが四苦八苦してる中、コナン側の戦力は着々と増しており、実はもう余裕で勝てるんじゃないかという気がしなくてもないのですが、そろそろ最近放置気味の西の名探偵にも出番が欲しいところです。

 

服部ェ......。

 


『名探偵コナン 純黒の悪夢(じゅんこくのナイトメア)』特報

 

ジン「黒に染まれ」

 

赤じゃないんだ......。

「聴こえるか毛利小五郎」で痛い目にあってるのに、懲りないでこういうポエムっぽい台詞言っちゃうジンさんホント好き。