イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

人類史上初めて、隕石の直撃によって死亡する事案が発生

インド当局によると、2月6日(現地時間)、インド南部タミル・ナードゥ州にある私立工科大学のキャンパスに隕石が落下し、1人が死亡したという。この爆発が隕石によるものだったことが科学者によって確認されれば、隕石の落下による人間の死亡の初めての記録になりそうだ。

http://wired.jp/2016/02/08/first-human-fatality-meteorite/


ITEッ

f:id:ikebukulog:20160210081411j:plain


やはり凡人はオリバさんみたいにはいかないのか......。

 

案外しょうもないことで人類は滅亡しそう

 

外宇宙からの危機!
とか言うとキバヤシさんを思い出しますが、これは人類初とは言っても喜べない不運なニュースの隕石直撃死。

オリバさんなら「ITEッ」で済んだんでしょうが、普通の人類はそうはいかなったようで、何とも不幸というか死因が隕石直撃じゃ生命保険も降りやしない......。

それはまぁ冗談にしても、あながち読み飛ばしてもいられないこのニュース。安全という視点から考えると、隕石の落下というのは果たして対応出来るものなのでしょうか。小惑星や隕石が直撃コースだと、事前にNASAがキャッチした場合、勧告を出していますが実際問題、アルマゲドンのようなことも可能性としてはなくはないんでしょうし、仮にそういう状況に陥ったとき、被害の大きさから考えても想定外では済まないでしょうから、日本国としても隕石を打ち落とすといったようなマニュアルや計画は策定されていたりするのか非常に気になるところです。

北のミサイル発射を受けて、打ち落とすのにPAC3が配備されましたが、隕石においてもそうした技術や想定を用意しておくことは無駄かもしれないけれど、備えておくに越したことはないという類の日本人が苦手とする思考方法なだけに隕石の落下という事態が起こったときどういった対応が出来るのか一つの可能性として考えておく必要もあるのではないでしょうか。

こうして現実に死傷者が出るとなると、隕石の大きさによっては被害の規模も格段に上がっていきますし、割りと身に迫った危機なのかもしれませんね。個人レベルで対策が出来るかというと限りなく不可能ですけど、勇敢な男達がミサイルで小惑星を爆破しに宇宙に行くような事態にだけはなって欲しくないと思うのですが、これはばっかりは地球の運が良いか悪いかみたいなダイナミックな話なので、頭がついていかないという宇宙の神秘! みたいな不思議な感想が生まれてくるサイエンス。