読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

BIGアイドルプロジェクト『B-PROJECT』本格始動! アイドルコンテンツ百花繚乱

音楽 池袋

f:id:ikebukulog:20160213164951j:plain

 

bpro-official.com

 

 

まさに日本はアイドル戦国時代

 

 

西川貴教×志倉千代丸のタッグで乗り込むアイドルコンテンツに勝機はあるのか。この先、果たしてどうなるのか目が離せない!

 

 

そうえいばアフィリア・サーガは......?

 

かつて秋葉原ブーム時代にもAKB48のヒットの流れからアイドルコンテンツ時代に突入していましたが、そんな中には同じく志倉千代丸プロデュースのアフィリア・サーガなんていうアイドルグループもあったりして何もかも皆懐かしい......。

 

あ、一応今でも活動は続いていて、池袋にも名前を冠したカフェがあったりするのですが、認知度といえば今一つ高くないので案外知らないという人も多いアフィリア・サーガ。果たしてこのB-PROJECTはそんなマイナー路線から脱却出来るのでしょうか。

 

キャスト頼りという不安点

 

小野大輔さんや柿原徹也さん、森久保祥太郎さんなど個々で音楽活動を行っているアーティスト色の強い声優さんが起用されてる他、かとべことテニミュで跡部を演じていた加藤和樹さんなど、かなり中の人推しというか中の人の人気に頼ったキャスティングのように見えますがどうなるのでしょうか。

 

実際確かにイベントなどでは人が集まりそうですが、逆に全員集まって大きなライブが出来るほど形になるかというとメンバー的にどうしても時間が掛かりそうです。

 

ここが男性向けアイドルコンテンツと女性向けアイドルコンテンツで大きく違うところだと思いますが、アイマス、ラブライブ、WUG、と基本的に無名の新人が起用される傾向が強い男性向けと、既に知名度があり人気も獲得している声優さんが起用される傾向が強い女性向けとでは文化的な違いを感じる部分です。

 

別にどっちがどっちというわけでもありませんが。

ただそうなると、このアイドル戦国時代において、女性向けアイドルを演じる人気の声優さんは複数のアイドルコンテンツに跨っていたりして、そういう部分でもこの先長くコンテンツが継続していくのかっていうところは気になりますが......。

 

『B-PROJECT』のフェアが、全国アニメイト等で開催決定 | アニメイトTV

 

アニメイトさんでは3月12日から約1ヶ月間『B-PROJECT』のフェアが開催されるようなので、これを期に推しグループを作ってみてはどうでしょうか?

 

むしろ西川貴教がやるキャラはないのか!?

って感じですけどね。多分、それが一番人気が出る(笑)