イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

女性セブンが徳井の隠し子(ガセ)を報じる中、週刊文春は「少年A」の顔写真公開へ!!

f:id:ikebukulog:20160218160307j:plain

 

 

そりゃあ文春さん1強になりますわ(゚Д゚)ハァ?

ダウンタウン松本がSMAP解散に対しての捏造発言といい、今回のチュートリアル徳井の隠し子なんていうただの飛ばしガセ報道といい、少しでも裏取りすればすぐに判明するような事もまともに出来ないんだから、他の週刊誌が文春に勝てないわけだわと妙に納得してしまいました。扱うネタもくだらないし。

 

一方で週刊文春さんは少年Aの実名公開という年始から無双状態。

このクオリティで週刊とかどうなっとんねん。

 

 

少年Aは本当に更生したのか?

 

絶歌

遺族感情無視だと「絶歌」が悪い意味で話題になっている少年A。

本当は100万部のヒットを見込んでいたらしい「絶歌」は25万部に留まっているそうですが、それでも25万部も売れてるんだから、作家の名前を隠す必要はないのではないか。少なくともこうして書籍を発売してる時点で、みなし公人と言っても良いのではと思わなくもない。そういう意味でも「絶歌」を出した事によって、本当に少年Aが更生しているのかという点は疑われてしかるべきではないでしょうか。

 

そんな少年Aを文春は驚異の250日も取材を続けたっていうのが今回の記事なわけですが、少なくとも少年Aの周辺にはその様子は広まっているだろうし、今回の顔写真公開によって、少年の現住所、そして実名がネットに拡散するのは時間の問題でしょう。近隣住民としてもやはり不安は隠せないでしょうし、当時の犯罪の残虐性から言っても、更生しましたといって素直に受け取れるものでもないのが心情ですから、仕方ない部分はあります。

 

勿論、文春さんのこうした長期に渡る取材が原因なのは明らかですが、見出しのような台詞を実際に発言していたとなるとこれもまた「全然更生してないじゃないか」と見られてもおかしくないだけに、記事公開後、大きな波乱を呼びそうです。

 

年明けから物凄い勢いでスクープを連発している文春さん。

 

ベッキー→芸能界引退

SMAP→分裂は回避したように見えて依然燻ってる

清原→覚醒剤所持&使用で逮捕

甘利→大臣辞職

宮崎→議員辞職

 

と、キラーっぷりが凄まじい。

過去には他紙が報じない中、AKBの件も文春さんでしたし、やっぱりこれだけ記事の質に差があると、文春が一番売れるというのは不思議でもなんでもなく、むしろ当たり前でしょうね。

 

あまりにも強引な取材手法は問題視されてしかるべきですが、最早、日本の諜報機関となっている週刊文春。今後も一切目が離せない!