イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

遂にCS版『テラバトル』登場か? ミストウォーカー×シリコンスタジオで新作ゲームを共同開発中

f:id:ikebukulog:20160224164334j:plain

 

 

現在240DLを達成しているテラバトルですが、CS版の開発は当初予定したDLオプションを達成したことで動き出しているとのことでしたが、開発がシリコンスタジオに決定したようです。

 

これは楽しみですね(=^ω゚)ノ

 

 

共にもう一歩が求められている2社

 

ミストウォーカーといえば、FF生みの親である坂口博信さんが作られた会社ですが、コンシュマーでのゲームというとWiiで発売したラストストーリーが最後になるのかな。面白いゲームだったのですが、当時、JRPGの最高峰と言われ現在においても非常に評価が高い、同じくWiiのゼノブレイドと比べるとどうしても後一歩物足りない要素があって、惜しいゲームでした。

 

一方でシリコンスタジオはどちらかといえばミドルウェア、ゲームエンジンの開発の方で有名なように思いますが、スクエニの『BDFF』ブレイブリーデフォルトの開発を手掛けており、こちらは驚きのシナリオと仕掛けられたギミックがとても先進的で、大きく話題となったゲームでもあり、国内外含めて大きなヒットとなりました。でもセカンドはちょっとね......。どうしてああなっちゃったの。

 

そんな2社がタッグを組んだということで、今度こそ過不足なく面白いこれぞJRPGという名作の誕生に期待したいところです。流石にテラバトルをそのままCS版にするだけということはないでしょうから、どういったシステムでどういったRPGに仕上げてくるのか手腕が問われます。テラバトルはシステム的には結構単純なスマホゲーなので、CS版となるとガラっと変わるでしょうから、現代的なRPGの形というものを模索する時期が来ているのは間違いありません。ターン制バトルにしても本当にそれで良いのかという試行錯誤はいつでも必要です。ゼルダみたいに自分が上手くなってるとか閃きみたいなものが直接操作に反映されるようなRPGって無理なのかな......。そうなるとARPGになりますけど。ゼノブレイドみたいにリアルタイム戦闘だと素晴らしい。

 

ハードは恐らく携帯機でしょう。据置きでRPGを作るとなると現在ではファーストの支援がないと開発費の規模からいっても厳しいでしょうし、そうなると有力なのは3DSでしょうか。『BDFF』の背景の一枚絵をフィールドにするのはシリコンスタジオがやっていたと思うので、以降に開発された様々なミドルウェアなどフル活用で、素晴らしいゲームになって欲しいですね。