読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

伝説の名作“カードキャプターさくら”が復活!!

f:id:ikebukulog:20160306162227j:plain

 

全米が泣いた

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 
              ∧∧∩ 
             ( ゚∀゚)/ キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
            ⊂   ノ
             (つ ノ
    o          (ノ
     \      ☆
             |      o
          (⌒ ⌒ヽ   /     ☆
    \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /
      ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )
     (´     )     ::: ) /
  ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )


 

誰もが楽しめた最後の作品

 

アニメ化待ったなし!

 

 

これほどの朗報は久しぶりかと思いますが、カードキャプターさくらが復活。新作の連載が開始ということで、言わずもがな大傑作。勿論、漫画もそうですがアニメの反響は凄まじく、放送開始と共にとてつもなく人気になった作品でした。

 

私も当時1話に「何なんだこれは!?」というカルチャーショックを受けて、毎週この日だけ家の用事がといって部活をサボって帰宅してアニメ見てた記憶があるのですが、それくらいの行動に出てしまう魅力というのがありましたね(笑)

 

劇場版が公開されたときも1人で行くつもりでいたら、何故か一人で行くのはちょっと恥ずかしいみたいな人達がやたら付いて来たり、現在のオタク文化に多大な影響を与えことは間違いありません。

 

考えてみれば、お兄ちゃんと雪兎さんのBL関係、雪兎さんとさくらちゃんの年の差恋愛、お兄ちゃんと先生、さくらちゃんと小狼君、さくらちゃんと知世ちゃん、更には小学生と担任の先生との恋愛に至るまでもう何でもアリ!

 

カードキャプターさくらが凄かったところは、その何でもアリの状態なのに、けれどキッチリと魔法少女アニメとして健全で誰もが見ていて楽しめた、そこが後の作品とは決定的に違う部分でした。

 

以降、深夜アニメが主流になり、日曜朝などの子供向けアニメと深夜アニメといったような分断が起こります。やっぱり深夜アニメは誰もが楽しめるとは言えません。そんな時間に子供が起きて観れるかと言うと難しい。そういう意味でも当時、あの時間帯にここまで健全でありながらも、あらゆる属性を兼ね備えていたカードキャプターさくらという作品は大きかったですよね。まさに最後の全年齢アニメでした。

 

DVDBOX買っちゃったしね......うん。

でも、個人的には雪兎とさんと成就して欲しかった......(今更感)

 

新作ではさくらちゃんも成長しているでしょうから、いったいどんな物語が展開されていくのか期待に胸が高まります。これでさくらちゃんがそこら辺にいそうなしょうもないギャルな中学生になっていたらどうしようという不安が尽きない......。

 

それだけ、それだけは、CLAMP先生!