イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

業績悪化著しいフジテレビがゲーム会社を設立。希望の光になるか!?

f:id:ikebukulog:20160312190837p:plain

 

 

勿論、ゲームなので、嫌ならやるな!

 

www.fujitv.co.jp

 

春の大改編で平日4時から19時の15時間を「オール生放送」番組に踏み切るフジテレビ。
時間をかけて作り込むよりも臨場感を重視。放送事故のリスクを背負いながらの大勝負だが、実は本業以外のビジネスもドドーンと打って出る。
現在行っているゲーム事業の拡大を図り、4月1日付で新会社「フジゲームス」を設立するというのだ。

「フジゲームス会社化の投資額は30億円。
他の役員たちに担ぎ出された大多亮常務取締役が新会社の担当役員となり、4年で売り上げ100億円、営業利益25億円を目指すようです」(フジ社員)

 

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/177086

 

 

フジテレビと言えば、蛇蝎の如く嫌われており番組を改編しても改編しても視聴率が一向に上向かない負のスパイラルに陥っていますが、そんなフジテレビの救世主となるのでしょうか?

 

 

中心はアプリゲームだが......

 

ランナップ見ると、意外とあのゲームがそうだったのっていうタイトルがありますね。特に『逃走中』などはバンダイナムコが開発して3DSで発売したコンシュマー版は長期に渡って売れ続け非常に大きなセールスを達成しました。

 


ファントム オブ キル プロモーションムービー

 

『ファントム オブ キル』って押井守だったんだw

こういうネームバリューで起用する辺りが如何にもソシャゲーって感じですけど、結局ゲームが面白くないとどうしようもないんですよね......。

 

既に幾つかタイトルを配信していますが、ゲーム事業を更に拡大ということで、恐らくメインのプラットフォームはソーシャルゲームでしょう。よほど人気作を作る事が出来ればIPの価値を向上させる為、コンシュマーでもリリースする可能性もあるでしょうが、基本的には版権モノや番組をゲーム化したようなタイトルを積極的に開発するのではないでしょうか。

 

だいたい親会社がテレビ局なので、流そうと思ったら開発したゲームのCMを延々ロハで流せば良い訳で、CM枠をスポンサーが買ってくれないと嘆いてましたが、自分達で利用すれば一石二鳥じゃないですか(笑)

 

何だかこういうのも懐かしいですけど。

昔は、それこそファミコン時代などは、電子計算機や時計を作っているCASIOがゲームを発売していたり、森田将棋のセタとか日本物産とか色んな会社がゲームを作っていたのですが、開発費の高騰、ゲームの規模が大きくなりすぎると業界の統廃合によって今では大手パブリッシャー数社、下請けのディベロッパーという構図に様変わりしてしまっただけに、こういう異業種の参入というのはそれ自体は喜ばしい事です。

 

もう無双無双とか良いんですヨ(ブラック発言)

本格的にソーシャルゲームを開発していくということなので、当たればデカイですから、いやまぁそれが難しいんですけど、今回のこの投資はフジテレビを救う救世主となるのでしょうか。フジテレビの未来はフジゲームスが握っている!?

 

流石にゲームでは嫌ならやるなみたいな発言で総スカンなんて失敗は二度としないはず。うん。