イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

『としまミュージアム』に参加してきたぞ!

f:id:ikebukulog:20160321144804j:plain

 

 

遂にその役目を終える旧庁舎と豊島区公会堂。

私も度々足を運んだ施設ですが、いよいよ取り壊されることになります。そんな会場を使って、新しい豊島区の未来を示す『としまミュージアム』に参加してきたよ。

 

 

桜も祝福するこれからの門出

 

f:id:ikebukulog:20160321145403j:plain

 

まだ3月だというのに、ここ数日、暖かかったこともあり、なんともう桜が咲いていました。綺麗ですねー(*´∀`*)アッタカーイ

 

しかしこういっては何だけど3月からお花見する気にはなれないw

でも、こんなに早く咲いちゃうと4月には散ってそうなだけに難儀なものです。さてさて、桜も咲いて華やいでいる中池袋公園ではラーメンミュージアムも開催されており、そちらも中々好評のようでした。前日は天候が優れませんでしたが、こういう春爛漫な中で食べるラーメンというのも風情がありますね。

 

f:id:ikebukulog:20160321145822j:plain

 

旧庁舎、2Fでは『おそ松さん』のアフレコ体験やコスプレイベントなどが開催されていたのですが、思っていたよりも一般層の方や子供達が多く参加していたのが印象的でした。やはり場所柄女性層が強いかなと思っていたのですが、このイベント自体が旧庁舎で行われるメモリアルなイベントということで、区民の方が感慨深くアチコチ見て回っている姿を良く見かけることが出来ました。

 

なんだかんだ私もそうですし、思い出深いというか、旧庁舎はこれまで用事があって行く事はあっても、一般の方は行政手続きを行う階までで、それより上のフロアには行くことはありませんでしたから、今回解放されていて初めて登ってみたのですが、老朽化している建物が、その長い歴史を感じられてとても良かったです。

 

f:id:ikebukulog:20160321150515j:plain

 

会議場も大解放。こちらで豊島議会が開催されていたんですね。

そんな議場で「ぶくろマルシェ」が開催されていました。野菜や果物、雑貨類といったものが販売されており盛り上がっていましたよ。

 

そして、今回、何より注目だったのは、池袋の未来予想図。

 

f:id:ikebukulog:20160321150825j:plain

 

中池袋公園を囲むように、旧庁舎、公会堂跡に建設が予定されている劇場それぞれが繋がるように設計される新しい『あの場所』の形です。当然、この右側にはアニメイトさんのビルが並ぶ配置となっているので、文字通りあの周辺が大きく様変わりします。コンセプトとしては、公園を囲む建築物が屏風のような役割を持ち、祝祭空間を演出するなんていうコンセプトムービーが流れていました。wktkが止まりません。

 

f:id:ikebukulog:20160321151134j:plain

 

いま、ここでほぼ毎月コスプレイベントが行われていたりすることを考えると、中池袋公園がこういう新しい形で大変化するというのはロマンを感じません?

 

ここがまた新たにコスプレだったり色んなイベントの会場になるわけですから、あの周辺の人の流れといったものは更に盛り上がってくるでしょうし、緑が多めに設計されるとのことなので、より憩いの場としても機能していくことになるんだろうと思います。

 

恐らく全体のデザイン案を見た感じだとイメージとして近いのが、秋葉原のJR電気街口をUDX側に出ると広場があるじゃないですか。あんな感じになるんじゃないでしょうか。勿論、全く違うものになるでしょうが、雰囲気的な感じだとそんな風に見えました。このイメージ図からも明らかな通り、より開放的な空間になるようなので、こちらも非常に楽しみですね。

 

現在も東口駅前で日々進行している池袋の再開発もいよいよ旧庁舎が取り壊しになることで大きな転換点を迎える事になります。この先に何が待つのか、どんな街が生まれるのか、一人の区民として期待しつつ、そして一人のオタクとして期待しつつ、きっと『乙女の聖地』としての池袋の変わるときを迎えているのでしょう。

 

今はただ、ただただ楽しみな可能性を感じた、そんな一日でした。