読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

アイドルクロニクル終了に見るアイドル戦国時代

声優 ソーシャルゲーム

f:id:ikebukulog:20160410155027j:plain

 

株式会社タイトー|ケータイネット|【重要なお知らせ】「アイドルクロニクル」サービス終了に関するお知らせ


何番煎じだ感が強かったアイドルクロニクルも遂に終了してしまいましたか。言ってる事は正しいがそれだけでは何にもならないということを体現しているコンテンツでしたが、そういうところもタイトーさんっぽい気もする。

ここ数年、百花繚乱だったアイドル市場も前述のラブライブの大騒動、そしてこうしたアイドル作品の終了など、少なくとも男性向けアイドルコンテンツについては結果が収束しつつある気配を感じられますが、この盛り上がっているように感じていたが、実はそうでもなかったんじゃ現象とは何だったのでしょうか?

 

 

何が主体だったのか?

 

アイドルクロニクルは当時、流行っているアイドルコンテンツを徹底的に研究分析して作ったと豪語していたのですが、結局それだけで終わってしまいました。プロデューサーじゃなくてマネージャーですみたいな目先の変化に囚われすぎでしたね。稼動当初は3Dでアイドルが踊るというのも特徴の一つでしたが、そこのリソースの掛け方も上手くないやり方だったこともあり、どうしても展開が遅く、そして何より研究分析したから何なんだよという感じだったんですよね。アイドル作品に必要なのはそんなことよりももっと人を惹きつける強烈な光なのですが、そういう部分がどうしても弱かった印象があります。

そして何より何を主体にしていたのか?
勿論それはゲームでしょうし、そのゲームがヒットして様々メディアミックスしていけばライブをやったりといった色んな展開を計画していたのでしょうが、とはいえライブってちょっと性質の違うものだと思うんですよね。例えばアニメのイベントで主題歌だったりエンディングテーマを歌うなんていうのは多くのイベントで見かける光景です。しかし、それとライブというのはまた求められているものは全く別というか、アニメのイベントで1曲歌うのと、アイドルというキャラクターを全て背負ってライブを成立させることは中の人の負担度から言っても全然違うでしょうし、それを観に行く側の求めているものも一段高くなっている。そう考えると安易にライブライブと言うけれど、そこに対する意識の差がこの最終的に結果に繋がってるというか、ライブをやれば良いんでしょうみたいな安易な作品はやっぱり伸びてない。流行っているからといってそんな簡単なものじゃないですよね。結局のところ生々しい部分での覚悟とか本気度みたいなものが大きく起因してしまうジャンルというか。

さてさて、男性向けアイドルコンテンツの収束気配とは裏腹に次の数年は女性向けアイドルコンテンツがその地位を大きく飛躍させる情勢なのは間違いありません。あらゆるところで増えてますし、当然アイドルコンテンツをやるということは実際のライブをやるということと同意義なので、そうした2.5次元コンテンツとしてこれからますます拡大していくのでしょうが、男性向けと女性向けでそこにどういった差が生まれるのかは要注目ですね。この2つの市場に違いがあるのか、コンテンツの捉え方に差があるのか、興味深い。

例えば男性向けは新人の方が好まれますけど、女性向けは有名な人の方が好まれるみたいな差がどれだけ影響してくるのかといった部分でこの2つの市場はどういった関係性を持つのか。そして女性向けアイドルコンテンツの収束していったその先、アイドルはどうなっていくのか。

まだまだアイドルは面白い。