イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

Amazon、ステマネガキャンなど中傷レビューをしている投稿者の個人情報を開示

dd.hokkaido-np.co.jp

 

判決は3月25日に言い渡され、青木晋裁判長は名誉毀損を認めた上で、
アマゾンジャパンに投稿者の名前や住所などの情報開示を命じた。

 

これはとても素晴らしいことではありませんか!

買ってもないのに☆1をつけたりする工作の温床になってますからね。むしろ対応が遅すぎるというか、現状荒らし放題ですから。アニメなんかだと特にそうですが、商品の感想なのにアニメ自体の感想をダラダラ書いてあったりしますしとてもじゃないけど機能しているとはいえません。

 

星一徹とか☆1をつけることを生き甲斐にしてるようなしょうもない変な人間も沸いてますし購入者以外禁止にしたら良いと思う。有害でしかないでしょうあんなの。

 

 

ドラゴンクエスト9で学んだ事

 

アマゾンレビューは昔、DSのドラゴンクエスト9が出たときに物凄い荒らされ方をしまして、やれ堀井雄二はキャバクラ狂いだとかDSだと目が潰れるとかクソゲーとかそれはもう目を当てられないほど酷い惨状でした。そのとき一度、アマゾンレビューの仕様は変更になっているのですが、そういう工作にはキチンと対処しないと駄目でしょう。

 

結果的にはDQ9は歴代で最も売れたドラゴンクエストとなったわけですが、不思議なのは3DSでも散々目が潰れるとかガセや捏造をばら撒いていた人達がこぞってVRを持ち上げていることですが、どちらにせよそういう宗教家の感想なんて必要ありませんし、今回の判決を受けてアマゾン側はどんどん個人情報を開示していけば良いと思いますよ。

 

明らかな誹謗中傷、捏造、ステマ、ネガキャンといった行為が多すぎますし、そんな情報は役に立たないので見るだけ無駄ですからね。レビュー機能自体を腐らせてると思います。海外でもSteamで良い評価を付けるよう開発者が依頼して問題になっていたり、ファミ通レビューは......まぁ、どうでもいいか(笑)

 

この手の問題は非常に根が深く組織的なのでアマゾンさんには徹底的にやってもらいところです。だいたい普通に買った人が商品について書くなら何の問題もないわけで、これで困るのは何らかの恣意的バイアスを掛けたい、広めたいような個人、或いは企業しかないわけですから、一般消費者にとっては何の影響もないだけに遅き失した感のある今回の対応ですが、それでもやらないよりやるほうが断然マシなので、レビュー欄を一掃して綺麗にしてもらいたいですね。

 

以前、食べログの騒動がありましたけど、あんなの可愛いものですよね。もっと汚い手法で延々荒されてるゲームとかいい加減うんざりなので。