読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

【相棒15】反町続投でますます不可解な仲間由紀恵陰謀論

ニュース 映画

headlines.yahoo.co.jp

 

俳優の水谷豊が主演するテレビ朝日系人気刑事ドラマシリーズ『相棒season15』が10月より2クール放送されるとともに、2017年公開を目指し映 画『相棒-劇場版IV-』がクランクインしていたことが18日、わかった。水谷扮する杉下右京の“相棒”は、昨年の『season14』に登場した反町隆 史による冠城亘の“続投”が確定。反町の2シーズン目&初の劇場版への挑戦が注目される。

 

一旦は離れた特名係を離れた冠城でしたが、無事戻ってくるようで一安心。

そこで気になるこの話題。毎回シーズン終了後に囁かれるあの謎の仲間由紀恵持ち上げは何なのか。どうあっても仲間由紀恵を相棒にしたい謎の勢力が蠢いてる!?

 

 

だいたい女性誌発信

 

と言っても実際はスタッフか誰かに仲間由紀恵を推したい人がいて、そういう人がリークして外側から圧力を掛けるような構造になってるんでしょうけど、流石に毎回毎回これだけシーズン終了後に“次の相棒は仲間由紀恵”と喧伝するのは胡散臭いし、それで結果は別の人になってるわけですから、いい加減狼少年というかホラ吹きというか、言えば言うほど信憑性もなくす上に、過剰にやりすぎて気持ち悪いので本当にそう思うならそろそろ黙ったほうがいいんじゃないかなーって。

 

だいたい反町さんも折角新相棒に決まったのに1シーズンで降板というのも面白くないですからね。ようやくキャラが立ってきたのにここで降板する意味も特にないですし。

 

何より劇場版の公開が決定したのは朗報です。

前作の3では細菌兵器とかもう一警察官が何とかする話じゃなくなってましたが、劇場版は基本的にそのときどきの相棒に沿った話になってる気がします。2の神戸君のときは警察上層部と対決する物語でしたし、そう考えると冠城亘は法務省からの出向という立場だったので、そういった方面に寄るのかな。何にしても楽しみです。

 

【4】2017年公開予定『相棒-劇場IV-』<水谷豊×反町隆史>
 2016年の日本でいつ現実に起きてもおかしくない「いま、そこにある巨大な危機」に、特命係の二人が立ち向かう。劇場版ならではの大がかりなストーリーを展開する。

 

>「いま、そこにある巨大な危機」

うーん。少子高齢化に加えて増税、社会福祉費の増大で苦しむ若者が老人を殺害していくとか......リアルすぎて恐いな(笑)

 

劇場版ならではのスケールといったらやっぱりテロリスト相手に爆弾が爆発しまくるダイハードみたいな感じが分かり易いですけど、はてさてどうなるのか。