読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

ラジオを1番良く聞いてるのはオタク説

雑記 音楽 声優

www.onsen.ag

響 - HiBiKi Radio Station

http://hibiki-radio.jp/

 

 

そんな気がしてなりませんが(´・ω・`)

と、いうわけで何気にこんな話題。

 

『ラジオを1番良く聞いているのはオタク説』

 

水曜じゃなくて土曜ですけど今日。

改めて言いたい。ラジオ番組多すぎぃ!!

 

 

放送番組は1週間に100本以上!

 

ラジオといえばメディアの変遷によってテレビが普及する以前はラジオが情報メディアとして大きく活用されていましたが、テレビの普及以降、相対的にその需要は下がっていきました。とはいえまだまだラジオ番組も沢山放送されており、特にドライブ中などラジオ番組を聴く機会というのは多いのではないでしょうか。

 

しかし、そんなラジオ番組ですが、実は今、今というか相当以前からラジオを1番良く聴いてるのはオタクなんじゃないかという状況に。周囲に質問してみると、オタク以外の人に話を振ると、だいたい聴いてない人も半数くらいなのに対して、オタクの人に話を聴くと殆どの人が何かしらのラジオ番組を聴いてるという(笑)

 

改めてラジオ番組について考えてみると、音泉さん、響さんといった大手だけでも1週間に100本以上のラジオが放送されていますし、アニメが新しく始まる度に連動したラジオ番組もスタートしたりで、非常に大きな市場が形成されています。作品のプロモーションもさることながら、コミケなどでこれからの企業のブースを見かけることも多いですし、オリジナルグッズの販売などもあり、とても身近なメディアになっていますよね。

 

声優さんがラジオのMCを勤めていることが多いですが、職種上、極めて正当というか、ラジオは声の仕事なのでこうして市場が拡大していくというのは自然なことですし、今の状況はある意味必然かもしれませんね。近年では動画の配信も容易になったこともあり、映像付き(それはもうただの番組ですが)の放送や、公開録音といったリアルイベントもしょっちゅう開催されたりで、完全に姿の隠れたメディアというわけではなくなっているだけに尚更といったところでしょうか。

 

それにしても、本当に番組多いなw

今では投稿もメールで出来るようになってますから簡単で良いですよね。昔なんかハガキで送ってましたから、頻繁に郵便局に通って、郵便局の人から(あの人、また大量にハガキ買い込んでいる...…ハガキ職人ね)とか思われるという。今はそんな心配しなくて良くなっただけ良い時代です。

 

でもこれが案外馬鹿にならないんじゃないかと思うのですが、例えばニコ動とかあるじゃないですか。ああいうところで面白いコメントって一つの動画の中で1割以下くらいしかありません。残りの9割はどうでもいいコメントとか不快なコメントです。じゃあその面白いコメントっていうのは何なのかって考えたときに、そういうものを書けるようになるには、ラジオにメールを送ったりハガキを送ったりっていうのは良い練習になるというか、やっぱり送るってなると普段から色んな面白いネタを探したり、推敲したり、質を高めようって色々考えるわけですけど、自分の頭で色んなことを考える、面白いことを考えられるようになるっていうのは重要な要素の一つとしてありますよね。

 

やっぱりラジオは必要だわ。