読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

ワニマガジンの危機!? 看板作家のジーオーティー大量移籍で紙面がスカスカに......

漫画

f:id:ikebukulog:20160529161049j:plain

 

 

思った以上にコミック ゼロスだった......。

さてさて、今回はちょっと変わった話題。

 

今月末、新たにGOTから創刊となった成年コミック雑誌COMIC E×E(エグゼ)ですが、どう考えてもこの雑誌、ワニマガジンのCOMIC X-EROS(ゼロス)そのままといって言い内容になっていて、いよいよDMMが本格参戦で他を潰しに来たかといった状況を呈しています。

 

 

そもそもCOMIC X-EROS(ゼロス)とは?

 

COMIC X-EROS(ゼロス)はワニマガジン社の月刊誌なのですが、今年で4年目になるのかな。もともとこの雑誌が出来た経緯は、当時コアマガジンから編集さんがワニマガジンに移籍するということになり、それに伴って作家陣もコアマガジンからワニマガジンに大量に移籍するという事態が起こり、その受け皿として豪華作家陣というのをウリにこのCOMIC X-EROS(ゼロス)はスタートしました。

 

ですが、どうも最近、当時掲載されていた作家の作品が載らなくなり、かといって快楽天などでも見かけなかったのでどうなってるのかと思っていたところに登場したのがCOMIC E×E(エグゼ)であり、このCOMIC E×E(エグゼ)に掲載されている作家陣はほぼ初期のCOMIC X-EROS(ゼロス)と同じ顔ぶれであることから、同様の騒動が起こったことが窺えます。

 

何が凄いって、当時COMIC X-EROS(ゼロス)で連載していたDISTANCE先生の『じょしラク』という漫画の続編が普通にそのままCOMIC E×E(エグゼ)で連載が始まっていてビックリしました。じゃあもうCOMIC X-EROS(ゼロス)は......。

 

ここまで同系統の雑誌に寄せてくるということは潰し合う気満々といった感じですけど、GOTはDMMのレーベルなので、今後、現在勃発中のDMM vs DLsite.com同人ゲーム抗争のように激化していくのでは......。

 

成年コミックの王道は間違いなくワニマガジン社ですし、他の出版社は強豪しない方向性を取っていますから、DMMが成コミに本格参戦なら確実にぶつかり合うことになるのは必須。その前哨戦が既に始まっているという状況になっています。

 

果たしてこの先、どうなるのか......。

例えばこのCOMIC E×E(エグゼ)の表紙があからさまに露出を避けているのも、コンビ二対策でしょうし、様々仕掛けがが見えてくる曰くの新雑誌COMIC E×E(エグゼ)。成コミ業界から目が離せない!!