読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

最後の魔法少女『カードキャプターさくら』がアニメになって甦る!!

アニメ ニュース

www.animatetimes.com

1996年より「なかよし」(講談社)にて連載を開始し、1998年にはNHKでTVアニメ化もされた、CLAMP原作の少女漫画『カードキャプターさく ら』。一大ムーブメントをお越し、今も根強い人気をもつ同作は、今年連載開始20周年。「なかよし」での更なる新連載も決定しています! そしてこのたび、ついに新アニメプロジェクトの始動も決定しました!

 

  イ`ヘ
 /: :| ヽ
/ : :/  ヽ ___   _,,,:. .-: :´彡フ
_ノ\_∠: : : : : : : : :`: :-: :,:_:/彡 /
      ( : : : : : : : : : : : : : : `ゝ  /
  マ  r::/: /: : | : : : : : : : : ::\ /
      //: /: : : |: : | |: : |: _: : : :ヽ
  ジ  {/ 7|`\/i: /|:|/|´: : : : :|ヽ
     〉 ,‐-‐、`|7 || |_::|,_|: : :|:::|: |
  で / r:oヽ`    /.:oヽヽ: :|: | :|
     { {o:::::::}     {:::::0 }/: :|N
  っ  | ヾ:::ソ     ヾ:::ソ /|: : |
 !? ヽ::::ー-.. /ヽ ..ー-::: ヽ::| r--ッ
-tヽ/´|`::::::::::;/   `、 ::::::::::: /: i }  >
::∧: : :|: |J   \   /   /::i: | /_ゝ
. \ヾ: |::|` - ,, ___`-´_ ,, - ´|: : :|:::|
   ヽ: |::|\     ̄/ /|  |: : :|: |  

 

震える。マジかYO!

これはもう「なかよし」買うしかないじゃないか......。

伝説の魔法少女作品「カードキャプターさくら」が復活。

 

吹き荒れるのこにゃにゃちわ~の予感――!

 

 

最後の魔法少女

 

f:id:ikebukulog:20160604170150j:plain

 

『カードキャプターさくら』といえば知らない人はいないんじゃないかってくらい超有名な魔法少女作品でNHKでも何度も再放送されていたので見たこともある人も多いでしょうし、最後の皆が楽しめた魔法少女作品として、金字塔を打ち立てました。

 

そんな『カードキャプターさくら』が復活。それも既にアニメ化が決定しているとか早くも大きな期待が掛かりますが、ま、まさか小狼君と破局してたりとかないよね......?

 

『プラチナ』のような素晴らしいアニソンが生まれる事にも期待したい!

名曲すぎる......。

 

今思い出すと、プラチナのOPの中じゃさくらちゃんは笑顔を見せないんですよね。笑顔を絶対の魔法にしているあの世界観の中で、笑顔を見せないOP。意味深です。

 

『カードキャプターさくら』は極めて健全な魔法少女作品です。何故か女の子だけしか登場しないといったことはありませんし、さくらちゃんも最初は雪兎さんに憧れていますが、最終的には小狼君とカップルになります。

 

魔法少女として、魔法を使って敵を倒すのではなく、あくまでカードを集めることが目的であり、悩みや困っていることを解決していくアニメであってバトルを主眼に置いていません。

 

誰もが安心して楽しめる本来の意味での魔法少女アニメ。

それが『カードキャプチャーさくら』であり、魔法少女アニメというのはそもそも子供向け、女児を対象にした作品であり、「なかよし」連載の作品であることからも分かります。何故か一時期、オタク向けでしかない深夜アニメの魔法少女アニメを魔法少女のアンチテーゼだとか言い出す訳の分からない主張がありましたが、全く頓珍漢な話です。

 

『カードキャプターさくら』がこれだけ大ヒットしたのは懐の広さにあり、正当な魔法少女作品でありながらも、例えばクラスメイトが担任の先生と恋愛していたり、例えばお兄ちゃんとお兄ちゃんの友人がBLにしか見えないとか、例えば声の綺麗な親友が百合にしか見えないとか、とにかく全方位のあらゆる属性を漏れなく網羅していたのが凄い。

 

当時、放送時間も夕方に放送されていましたが、魔法少女アニメとして、本来の視聴者である子供、女児向けとして放送されながらもあれだけ大勢のハートを掴んだのは、そうした懐の広さであり、さくらちゃんの真っ直ぐな性格であり、改めて考えてもとてつもない作品でした。アニメとしてもクオリティが高く、さくらちゃんの私服やコスチュームが毎回違うといった手の込みようも素晴らしかったですね。

 

新しくアニメになっても、知世ちゃんが毎回新しいさくらちゃんのコスチューム作ってくれるって信じてる......。

 

『カードキャプターさくら』は年代的にこれ以降、アニメは深夜アニメ全盛期へと移行していきます。魔法少女というジャンルも、『おじゃ魔女』を経て肉弾戦で殴り合う『プリキュア』、更にアイドル作品が主流になっていく。女の子が憧れる対象が魔法少女からより身近なアイドルへと変遷していくことになり、アニメもアナログからデジタルへの移行期を迎え、そういう意味でもまさに最後の魔法少女作品だった『カードキャプターさくら』エポックメインキングな作品だったことは間違いありません。

 

管理人も当時、映画観に行ったりしましたし、復刻版じゃなくて当時発売されたクロウカード持ってますし、食玩も買ってたし部活も火曜日だけサボってアニメ観に走って帰ってましたし、思いで深いぜ......。

 

再び『さくらちゃん』が希望の魔法を届けることになる日を期待して待ちましょう。