読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

実は『乙女ロード』は拡大してるという話 ※物理的な意味で

f:id:ikebukulog:20160702065215j:plain

 

画像を漁っていたら、懐かしい写真が出てきたのでペタリ。
すぐに違和感に気づくかな?

そうなんです。2013年頃まで『乙女ロード』はこんな感じで実はちょっと道幅が狭かったんです。覚えておられる人もいるのではないでしょうか?

f:id:ikebukulog:20160702071019j:plain


今だと、こんなに風に整備されてます。植え込みがなくなっていて、かなり道幅が広くなりました。加えて、アニメイトさん前、K-BOOKSさん前にベンチが歩道に直接、埋設されていたりと、アレって不思議に思ったことありません?

だって、どう考えても公共の歩道に、その店舗で買い物をした人が座れるようなベンチが備え付けられてるんですよ。バス停でもないのに。バス停でもないのに!!

商店街とかだったら、自分達で店舗前に座れるようベンチを設置してるとかなら分かりますけど、完全に専用としか言えない、あのベンチ......いったいどういうことなんでしょうか?

 

 

着実に魔改造されていく池袋

 

その答えは区議会議員の竹下ひろみ議員が仰っておられました。

乙女(おとめ)ロードがリニューアル!!平成260411日(金)
http://takeshita-hiromi.com/images/contact_mailmagazine/backnumber_vol.8.pdf


あいにく当ページは現在では削除されているのですが、当時、東口周辺の道路整備工事が行われていたのですが、当初、乙女ロードは整備計画に入っていなかったものの、地域住民の陳情によって、乙女ロードの整備が決定し新たにリニューアルされたそうです。

確かに整備前の乙女ロードは混雑の割に道幅が狭く、人が歩道に溜まり易い状況でしたら、広くなることでグッと利便性は増し歩行し易くなりました。特筆すべきはそうした陳情によって実現したという点ですよね。勿論、豊島区自体が現在の方向性をプッシュしている状況だからこそだと思いますが、そうして要望を聞いてくれる議員さんなどの力があって実現したことを考えると、素直に感謝したいところです。

ちょっと下世話な話になってしまいますが、豊島区に住んでいてある程度今の方向性を支持している、肯定的に捉えているという人なら、区議会選挙などで友好的な議員さんなどに票を入れるといった選択も十分、一つの選挙に対する動機になりますし、自分が選挙で票を入れることが結果として、住み易いオタク街に繋がると考えると、結構ロマンを感じませんか(;´Д`)

池袋で開催されている大型のイベントでは、議員の方が挨拶にいらしたり、区の職員の方などもかなり尽力されてますし、今後、池袋がもっとより良く発展していく為に、そういう方向にも目を向けていくことも大切になっていくのかもしれませんね。