イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

ゴスロリ系ブランド「エイチナオト(h.NAOTO)」が全店閉店

headlines.yahoo.co.jp

「エイチナオト」は、7月31日にh.NAOTO新宿マルイアネックス店及びh.NAOTOラフォーレ原宿店、8月28日にフラッグショップの h.NAOTO+大阪店を閉店する。その後、「エイチナオト」「シックス(Sixh.)」「グラム(GRAMM)」の商品はオンラインストアのみで販売す る。

同ブランドは、10年以上に渡って営業してきた裏原宿のゴシックの館「h.NAOTO+ Harajuku」を2014年に閉店。今回の全店閉店について、「今後のマーケットの動向を見据え、秋に向かっての販売形態、ブランディングを考え遺憾 ながら各店舗の営業を終了する事となりました」と発表している。

 
原宿の名物店が......。
純粋なゴスロリショップというわけではありませんが、「エイチナオト(h.NAOTO)」が閉店ということで、他にも色んなお店がなくなってると聞きますし、ゴスロリ界に不況の波が!?

 

原宿の衰退が止まらない!!

 

かつてはファッションの聖地として若者街と言われた原宿も、なんだか最近ではやたら古臭い街として時代遅れな空気が漂っていてどうにも衰退著しいですね。今でも地方の修学旅行生が竹下通りに来てクレープ食べたりするんでしょうか(笑)

それはともかく。そんな原宿の有名店「エイチナオト(h.NAOTO)」が閉店するそうです。それも直営店が全店閉店ということで、一応オンラインストアでは取り扱うようなので今後は通販専門となるようですが、残念な話です。

管理人的には普段の活動範囲が範囲だけに結構見かけたりします。個人的にはゴスロリやV系ファッションなど、そうした特長的なファッションは、店舗がそのうち池袋に集約されてくるんじゃないかと思いますが、他の街だとやっぱり厳しそうですねー。見ていて華やかなので好きですが。

一概にゴスロリといっても色々ありますが、「エイチナオト(h.NAOTO)」は、あんまりコテコテの分かり易いゴスロリという感じでもなかったので、生粋のファンからしたらどうなのか分かりませんが、BPNとかも閉店してますし、徐々に店舗が減ってきているのは間違いないようなので嫌な時代です。

しかしながら。こうして店舗がなくなりつつあるとは言っても、確かな需要があるわけで。縫製が得意であれば、個人で作って通販で売るという個人ビジネスには大きなチャンスがありそうです。コスプレもそうして稼いでおられる方もいらっしゃいますし、そんな時代になりつつあるのかなぁ。