イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

ウルトラマンオーブがめっちゃ面白い!! これは名作の予感

f:id:ikebukulog:20160716200434j:plain


ウルトラマンさん、ティガさん、

光の力、おかりします!!

シリーズ最新作『ウルトラマンオーブ』の放送が始まりましたが、これがなかなかどうして面白い。主人公のクレナイ ガイが2体のウルトラマンの力を借りて変身するのですが、力を貸してもらってる手前、妙に腰が低く敬語を使ってるのがシュールで堪らなく面白い!!

これは名作になるのでは!?

 

 

変身料1回、800円

 

光の国としては毎週毎週、頻繁に怪獣が出現する地球に嫌気が差したのか、遂に宇宙警備隊の派遣をSTOP。自分達の星は自分達で守りなさいとばかりにウルトラマンの派遣を取り止め、力を貸してくれるだけに。

といっても、流石に無料で力を貸すわけにはいかず、証明写真機に800円を支払うことで、ウルトラマンの力を貸すというかつてなく地球に厳しいウルトラマンとなっています。その為、ウルトラマンさんに関しては主人公が常に下手に出るという権力社会、防衛力の闇を見ることが出来る非常に現代的な作品になっています(゚Д゚)ハァ?

もう「光の力、おかりします!!」で爆笑だったのですが、毎回このくだりをやるのかと思うと、それだけでもう面白い。2つのウルトラマンの力を合体させて戦うウルトラマンオーブ。その為、効果音も工夫されていて、初代ウルトラマンの登場SEとティガのSEを合成した音が使われていたりして、不思議なサウンドになっているのですが、それがまた昔のウルトラマンの何処か異次元めいた怪しさを醸しだしてマッチしてました。

主人公の他にも既にシリーズ通して敵役となりそうな説明おじさんの登場や、防衛組織ではなく、超常現象研究サークルがメインとして活動するなど、比較的ライトで明るい作風になっており、シリーズ最新作ということで初見でも入り易い物語になっています。

1話のサブタイトルにもなっている通り主人公は風来坊と、これまた昨今中々見かけないタイプであり、そんな主人公が「ウルトラマンさん」とか「メビウスさんでしたか」とか言うから面白いのですが、果たしてこの先、どんな展開を迎えるのでしょうか?

登場人物が殺害されまくったりするレオとかネクサスみたいな方向にはいかなそうなので一安心。そういうのもたまには良いですけどね(笑)

OPが水木一郎さん
作られたのはアルフィーということで、特撮ソングらしいこれぞウルトラマンという憶え易い歌になっています。こういう伝統的なのは素晴らしいですね。EDもとても良曲で印象に強く残るウルトラマンとなっています。


俄然、次回が楽しみになってきた「ウルトラマンオーブ」
主人公は最終回までにいったい幾ら光の国に支払うのか目が離せない!!