イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

ポケモンGO大ヒットの影で、ガチャ依存の国内メーカーはどうなるの?

f:id:ikebukulog:20160718025957j:plain

(7/18 Appトップセールスランキング)

連日、熱狂が伝わってくる「ポケモンGO」
ポケモンが世界を塗り替える“世界現象”となっている中、まだ未配信の日本では期待が膨らむ反面、一部では戦々恐々となっています。極端なほどガチャに依存している国内メーカーに、この破壊的モンスターはどう影響するのでしょうか?

 

 

ブルーオーシャンを切り開く任天堂


「今ならSR○○貰える!」最早、うんざりするほど耳にしたこの台詞。こうしたCMが大量に流れる日本のソーシャルゲーム市場。その特徴は極端にガチャに依存したゲームデザインにあり、マネタイズ重視のこうした姿勢はときに批判の的になってはきましたが、依然改善されることもなく炎上騒動を起こしながらもランキングを占めています。

Appランキングを見ても、上位にランクインしている中でガチャに頼らないゲームというと「モバイルストライク」くらいでしょうか。これは開発元がEpic Warというアメリカの会社で日本企業ではないのでガチャを収益の柱にしていないのは当然ですが、他はといえばもうガチャばっかりやないか......。管理人もデレステとかプレイしてるので全く人のことは言えませんが(笑)

「ポケモンGO」の日本配信が遅れていることで、おま国だなんだと言われていますが、逆にそれが功を奏しているのかもしれません。海外でこれだけ話題になっていれば、当然ポケモン発祥の地、日本での注目は高まりますし、極端にガチャに依存している市場だからこそ、ガチャ頼らない新しいゲームデザインの「ポケモンGO」は、その対比が際立ちます。


大量にソシャゲのCMを投下しているからなのかどうかは分かりませんが、分かりませんが! スポンサーの意向を反映してなのか何が何でも流行って欲しくないという陰湿な意思を感じる報道が多いものの、世界中でこれだけ話題になっていればそのような些細な抵抗は無駄で何の影響もなく日本でも流行るでしょうね。

どうなるのかってどうにもならないと思いますが、任天堂はスマホに乗り遅れたとか言ってる人達がわんさかいましたけど、じゃあ先に乗っていたはずのメーカーは何をしてたんだというとガチャに溺れていたわけで、いままたその市場が「ポケモンGO」の逆輸入によって破壊されようとしている中、どう変化していくのかというのは見物です。といっても、ぶっちゃけもう無理かなって気も(´・ω・`)

任天堂が孤立というか、孤高なのは結局こういうところなんでしょう。自分達で別の市場を新しく作り上げてそこで勝負するという企業風土なだけに他を相手にしていません。他のメーカーからしたら恨み骨髄ってところなんでしょうけど、そう思うなら自分もやれって話で。乗り込むまでに時間はあったんだから色んな挑戦が出来たはずなのですが......。

「ポケモンGO」は更にサン&ムーンと連携させることで家庭用の需要喚起も出来るように工夫されていたりと、戦略的な部分から根本的に国内のソフトメーカーとは異質って感じですね。

このヒットを受けてソシャゲお得意の安易なパクリゲーが作れるかっていうと、それも難しいでしょうし、課金のあり方としても今更ガチャを改めようという方向にはいかないのでは。今回の「ポケモンGO」が国内の他のメーカーに与える影響っていうのは実はあまりないでしょうね。結論としては、任天堂の作る市場と、ガチャが支配するそれ以外の市場という、ソシャゲー市場も二分化しそうですね。