イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

ポケモンGOの影響で週間販売ランキングにオメガルビー/アルファサイファがランクイン!!

f:id:ikebukulog:20160730065148j:plain

「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」4万3000本。「すみっコぐらし」「クロバラノワルキューレ」などの新作もランクインした「週間販売ランキング+」 - 4Gamer.net


さてさて、世界中で大ヒットのポケモンGOですが、その影響は家庭用ゲーム市場にも及んでいます。海外でポケモンGOの配信が開始された7月頭から2014年11月にゲームボーイアドバンスで発売となったルビー/サイファのリメイク版、オメガルビー/アルファサファイアがランキングに顔を見せるように。そしてとうとう今週には約2年前に発売となったソフトがTOP10に返り咲くという快挙を見せています。

もともと任天堂のソフトはジワ売れする傾向がありますが、この動きは明らかにポケモンGOの影響であり、更に言えばこれまでのソーシャルゲームにはなかった全く新しい動向を示しています。

ポケモンGOの真価はこれから発揮される!

 

ポケモンGOをやると無性にポケモンで遊びたくなる法則

 

何でこういう話が何処からも出てこないのか不思議ですが、実際にポケモンGOで遊んでいると物足りなくなってきます。勿論、ポケモンGOはまだまだ配信されたばかりであり、出来る事が少なく現時点では非常にシンプルなアプリになっています。勿論、これから様々な要素、機能が拡張され新たなポケモンも追加されていくのですが、しかしポケモンGOさえあれば、ポケモンを十分に楽しめるかというとそうではありません。

好きなポケモンを自由に育成し、広い世界を一緒に冒険しながら相手とバトルしたりといった要素はとても家庭用には及ばず、物足りなくなっていく。ポケモンGOに嵌ってポケモン熱が復活し高まってくればくるほどポケモンGOでは遊び足りなくなる。無性にポケモンの“ゲーム”が遊びたくなってきます。管理人もまたアルファサファイア遊び始めてエルフーンちゃんと旅してるのですが、これが面白い。

つまりポケモンGOは単体で完結しているわけではなく、ポケモンの世界への導入であって、誘導を促すように上手く導線が作られており、その効果というのが実際の週間販売ランキングに端的に表れています。常々、岩田さんが仰っておられた、IPに触れる機会を最大化することでゲームに興味を持ってもらうという仕掛けが施されており、この試みは本当に素晴らしい。こういう大きな戦略を元に作られたアプリというのはあまりないのでは。知らないだけかもしれませんが、ここまで分かり易い形で実現出来ているというだけでも凄い。とにかくガチャで儲けようというアプリが多いだけにその異質さは際立っていますね。

ポケモンGOは最新作となるサン&ムーンとの連動も発表されていますが、ポケモンGOの好影響が大きくサン&ムーンにも出るのではないでしょうか。3DSなら歩きスマホ問題も解決ですしね。これも大人の理屈と子供の現実で相違があるなと思うのですが、例えば池袋で例を挙げると、西池袋公園、中池袋公園、東池袋中央公園など色々公園があったりしますが、これら全てが子供が走り回って野球したりサッカーしたり出来るような場所じゃない。遊具があるわけでもないし、十分な広さが確保されてるわけでもない。道路に面してたり、遊具が危ないからと撤去され、球技も禁止、声がうるさいとすぐにクレームを入れる大人がいたりで満足に子供が遊べる場所を確保出来てるとは言えません。当然、場所によりけりなので十分に遊べる場所を確保出来ている地域もありますが、それでも都心の現実って案外そういうもので、田舎だったらまた違うのでしょうが、大人が「子供は外で遊べ」なんてことを言うほど環境が整備されてるわけじゃない。本当に出来る事が限られた中でそうした場所で出来ることって、それこそ3DSでポケモンやろうぜ! みたいなとこに行き着いちゃうんですよ。

ポケモンというのは昔から通信交換、対戦を軸に外に出て友達と一緒に遊ぼうというこリアルな冒険を重視した、RPGという従来の家で一人で遊ぶタイプのジャンルを対極に持っていった活気的なゲームでしたが、ポケモンGOにもそれは受け継がれていますし、そんなポケモンGOからコンシュマーにも還元出来るようになっているというのは本当に素晴らしいので、何故かやたらとソーシャルゲーム市場とコンシュマーゲーム市場を対立させたがる人が多いですが、そういう視点からもどちらにもプラスの影響を及ぼすこのポケモンGOの存在は非常に大きなものになりそうです。