読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

【秋葉原の地殻大変動】女性オタクの街へ変貌か?

オタク街

www.animatetimes.com

アニメ・コミック・ゲーム・キャラクターグッズの専門店「アニメイト」を展開する株式会社アニメイトは、設立30周年を記念し、初の女性向け店舗「アニメ イトAKIBA ガールズステーション」を2016年7月16日にオープン! グランドオープン当日には、延べ5,000人を超える女性客が押し掛け、店舗周辺に長蛇の列 ができました。急遽整理券を配布し、開店時間を予定より早めるなどの対応をしたものの、入場制限がかかるほどの盛況となりました!!

既存のアニメイト店舗とは異なり、真っ白な外観に包まれた「アニメイトAKIBAガールズステーション」。オープン後も女性客が98%を超え、動員2万人を突破! 目標動員数の130%を達成し、秋葉原の女性向け店舗を体現する結果となっています!!

ブーム後の煽りを受けて長らく停滞していた秋葉原にも遂に新風が!
オタク離れが進んで著しい秋葉原ですが、新たなオタク街へと進化することが出来るのか、秋葉原の未来を占う変化は深く静かに進行しているようですよ!

 

 

池袋モデルの輸出

 

秋葉原に初の女性向け店舗「アニメイトAKIBA ガールズステーション」が登場して約1ヶ月。このことは非常に重要な意味を持っているのではないでしょうか。

ikebukulog.hatenablog.jp

秋葉原ではこれまで美少女ゲームの単体売上の8割が秋葉原で売れたということもあるくらい、極端に男性向けに偏ったオタク街を形成してきました。所謂『萌え』の街としての進化を遂げてきた秋葉原ですが、ブーム後の現在はオタク街の文化遺産のように古都として外国人観光客が訪れる観光地になっており長らく停滞を続けてきました。

すっかりレガシーな街になっていた秋葉原ですが、ここにきて遂に新しい変化を迎えようとしているようです。アニメイトさんの登場で秋葉原のパワーバランスに大変動が起ころうとしています!

まず何よりこれまでのアニメイトさんは秋葉原での影響力という点ではあまり大きくありませんでした。どちらかといえば「とらのあな」さんや「ソフマップ」さんなどの方がよりアキバらしい店舗と言えるのでは?

しかし、新しく女性向けの店舗をOPENし、これから先に秋葉原に訪れる大きな変化を考えると、今後アニメイトさんが秋葉原においても巨大なイニシアチブを握る事に。池袋ではアニメイトさんの影響力が絶大ですから、秋葉原の版図はこれから一気に激変していくことになるはず。

アニメイトさんは地方でも、これまで駅周辺に出店していた店舗をイオンなどショッピングモール内へ出店するように変化させるなど、この秋葉原や地方に対する動き方はまさに池袋の動向そのままで池袋モデルとして輸出されてることが分かりますね。

オタク業界の潮流も大きな転換点を迎えています。
果たして秋葉原の未来はどうなるのか興味が尽きないところです。