イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

脱衣麻雀の金字塔「スーパーリアル麻雀」がクラウドファンディングで復活!!

f:id:ikebukulog:20160819191259j:plain

ファン待望の、スーパーリアル麻雀シリーズ最新作「P8」制作プロジェクトを立ち上げました!
現在、クラウドファンディングサイト「Campfire」にて、支援者を募集しています。

「ゲーセンを一世風靡した名作「スーパーリアル麻雀」の最新作アイドル麻雀を作りたい」
https://camp-fire.jp/projects/view/9612

こちらの支援者になっていただいた皆さまには、現在配信中および配信予定のアプリ内アイテムのほか、金額に応じて、さまざまな特典をお付けいたします。

 

スーパーリアル麻雀P8(仮称)プロジェクトが始動だそうですよ!
かつてアーケードで大ヒットしていた脱衣麻雀の金字塔スーパーリアル麻雀の最新作。管理人もかつてゲーセンの奥にある如何わしいスペースで連コインしながら必死にプレイしていた記憶があるだけに、これには乗るしかない!

目標金額も200万円と妥当ですし、ストレッチゴールも魅力的なのでこのクラウドファンディングは順当に達成しそうです。クライミライのようにはならなそうなのでそこは安心ですね。

 

 

脱衣麻雀じゃないのか……(絶望)

 

悲しみにくれた(´_`)ウゥ 
脱衣麻雀じゃないスーパーリアル麻雀なんて……。
その辺に関しては詳細が書かれていますが、そういえば未成年のキャラクターも多かったですねー。よくよく考えると未成年のキャラクターと麻雀対決して脱がすのをゲーセンでやってたってことを思うと良い時代だったなぁ……。

最近のゲーセンは小奇麗になりすぎですよね。ゲーセン不況が叫ばれて久しい現在ですが、時代に合わせてどんどん小奇麗になりゲームも大型筐体やプリクラ、キャッチャーなどのプライズが占めるようになってますけど、逆にそれがゲーセンの魅力を損なっているというか、やっぱりゲーセンといったら薄暗い店内、プライズでアメリカのセクシー女優のトランプが景品になっていたり、奥のコーナーでは脱衣麻雀や衣装を破壊していくブロック壊しがあったり、ビデオゲーム筐体が並ぶ中、殺伐としながら格ゲーをプレイするみたいな退廃的な空気こそゲーセンの醍醐味!

それじゃあ人が付かなくなって今の方向になってるわけですけどw
今回、スーパーリアル麻雀がクラウドファンディングになった経緯としては、運営会社から権利を引き取ったということで、こうして新作を作ろうとなったそうですが、脱衣麻雀じゃないというのはある意味で仕方ないんでしょう。脱衣とか絶対にiOS版の審査を通らないですからねー。PC版単体ならそれでも良いのでしょうが林檎先生の厳しさ炸裂です。ゲーム自体は詳細説明を読むと滅茶苦茶良心的で、とにかく新作を作りたいというのが伝わってくるので目標金額を大きく超える額が集まりそうです。特に買い切りという仕様でスタンドアローンで動作させて通信を出来るだけ取らないようにというのは、とても良心的というか不器用なまでに真っ直ぐで誠実な姿勢が良く出ていて好印象です。

スーパーリアル麻雀といえばアーケードが主でしたが、家庭用ハードでも発売されていて昔セガサターンの年齢制限ソフトとしてP5が発売していたのですが、理不尽な麻雀ゲーだった……。3順目とかでリーチを掛けてくるので、なかなか勝てないという。何故か裏技でコマンド入力すると最初のみずきちゃんだけ麻雀で勝たなくて脱衣シーンが見れるという仕様だったのですが、懐かしいですねー。

果たしてどんな麻雀ゲームに生まれ変わるのか期待です!