読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

アイドルコネクト配信開始も、ぶっちゃけアイドルゲームはスマホに向かない

f:id:ikebukulog:20160825055656j:plain

アイドルコネクト-AsteriskLive-公式WEB

2016年初頭本格稼動! からリリース延期を繰り返していた『アイドルコネクト』が遂にリリースされましたね。某緑の事務員にソックリな蒼の波動を感じる事務員がいることで話題になったりもしましたが、リセマラしましたし1年続けば良いなぁ......。

最近ちょっと考え直したんですけど、アイドル戦国時代とかこれまで思ってましたが、幻想というか、ただの勘違いだったかも(;´Д`)

 

 

スクフェスとデレステの影を追うのは止めるんだ!

 

それは修羅の道や......。
構図としては分かり易くて、スクフェスとデレステの2大巨頭があって、更にその周りに色んなアイドル作品のリズムゲームが登場していることで、一見確かに全体では盛り上がっていているように見えるのですが、その実態を良く見ると、そもそもスマホでアイドルゲームは向かないという身も蓋もない結論になるような......。

今年5月にサービスが終了した『アイドルクロニクル』というゲームがありましたが、稼動から約1年半の間に実装されていた曲は何と6曲。共通が3曲とメイン3人のソロ曲の3つのみでした。メインをM・A・Oさん五十嵐裕美さん遠藤ゆりかさんが務めていましたが、たった6曲しかない初期配信楽曲のまま追加されることはなかった......。

f:id:ikebukulog:20160825062833j:plain

終わらないメンテナンス(悲)
3月から長期メンテナンスが続いている『スクールスタードリーム』既にもう9月が迫っていますが、5月にメンテナンスの延長が告知されて以来、音信不通で放置が続いているのだった......。

ガールフレンド(♪)も霊圧を感じませんし*1

アイドルコネクトには是非頑張って欲しいところですが、現状こうしたアイドル作品の中では先日2ndライブも開催されたナナシスが抜けていますけど、こういう現状を見るとアイドル戦国時代というのも名ばかりなんじゃ......という気がしています。

そもそもこうしたアイドル作品が増えた背景にはアイマスやラブライブの成功があるかと思いますが、確かにスクフェスやデレステはリズムゲーですが、そもそもラブライブにしろアイマスにしろリズムゲーから始まったわけでもないですしね。

あくまでも過程としてリズムゲームが生まれただけであって、それまでに多くの魅力的な楽曲、キャラクターの設定や掘り下げといった下準備がしっかりしていたからこその成功なのでは?

例えばデレステでは毎月、月初めと終わりにソロ曲、イベントで新曲、CD楽曲先行配信といった形で月に3~4曲も楽曲が超ハイペースで追加されていますが、こんなことはシンデレラだから成り立つのであって他では無理でしょう。デレステ自体がアニメを経てからの稼動ですし、元々ソシャゲというのはゲーム性自体に幅がないのでイベントを繰り返すことでセールスを保つ仕組みになっていますけど、上記のようなアイドルリズムゲーがそうしたプランをキチンと用意出来ていたかと言うと怪しい。というか出来てなかったからこういう結果になったんだと思いますが(´Д⊂ モウダメポ

いきなり新規でアイドルのリズムゲームを始めます! といっても当然そんなに楽曲も用意出来るわけでもなく、リズムゲームとして過不足なく3Dで遊べるほどしっかり作り込んでリリースするのも大変、考えれば考えるほどアイドルコンテンツをいきなりリズムゲーとしてスマホでリリースするのは圧倒的に向かないという結論が出てきます。

展開速度の速いソシャゲにおいては新曲が追加されないと中々盛り上がらないリズムゲーは決定的に相性が悪いジャンルのように思えてきますが、雨後の筍の如くどんどん作られては消えていく現状(かなC)

当然これらは女性向けでも同じでしょうから、女性向けのアイドルリズムゲームも一気に増える流れになってますが、本当に思ってるほど上手く行くのかなっていう気がしてきます。そんなに楽曲を次から次に追加出来ないでしょうし、キャラ数も限られてるわけで。女性向けにおいてもアイドル戦国時代と言われるほど大量に増えていますが、実態はなかなかどうして懐疑的なところです。

なんとなくこうした背景には、とにかく現実でのライブをやりたいといったようなリアルな活動ありきで見切り発車的にスタートしてるように思うのですが*2、それを実現するのに肝心のゲームの中身が付いてこないというか伴わないのが難しいところです。アイドル作品って特にリアルと連動させようと思ったら継続しないと全く意味がありませんし、継続するには多大な労力が掛かる大変なジャンルだけに、まさにアイドル百花繚乱の光と影ということでしょうか。

*1:セルラン的な意味で

*2:実際にそうしたキャストの募集をしてるアイドル作品も多い