イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

よりAndroid端末に近くなったiPhone7で国内シェアはますます林檎色に......

www.apple.com

f:id:ikebukulog:20160913164512j:plain


遂に発表された『iPhone7』ですが、国内シェアがやたらと高い日本市場を意識してなのか随分と仕様を日本向けにカスタマイズしてきた印象を受けましたが、実際のところはどうなんでしょうか。これまで言われてきたAndroid端末の利点を軒並み潰して実装してきたところが特徴的です。

防水機能などxperia爆熱要因の一つとして挙げられてきましたが、それらも解決してるでしょうし、何よりお財布ケータイに対応してきたのは意外でした。管理人の周囲でもAndroid端末を使っている人はお財布ケータイの有無で判断してる人も多かったので、これでより一層国内シェアはiPhoneに偏りそうな気もしますが、他にもイヤホンジャックの廃止など劇的な進化というよりUIの進化が目立った今回のiPhone7。

うーん、どうしようかな......。

 

まだだ!まだAndroidにはエロいゲームがあるじゃないか!

 

ということで、Android端末の利点というと他に何かあるかなーと考えてみたのですが、とりあえず真っ先に思いつくのは林檎チェックを通らないゲームが配信出来るとか。何気に最近はエロゲーの移植がAndroidに出たりといった動きも活発になってきているので、そこは絶対にiPhoneと競合しない部分なのでAndroidの強みでしょうか。

ゲーム自体もADV形式が殆どだけにスペックの要求もそこまで高くないですし、その辺の選択肢の幅が広いのはAndroidですよね。ただしそれこそ音ゲーとか端末としてゲーム自体に向いてるのは圧倒的にiPhoneなだけに悩ましいところです。

新機種としても対抗馬となるはずだったAndroidの『Xperia XZ』や『Galaxy Note 7』はどちらもイマイチな機種に。というか『Galaxy』に関してはバッテリー発火問題でそもそも選択肢にすら入らない状況なので、事実上『Xperia XZ』が対抗馬になりそうですが、より日本向けにカスタマイズしてきた『iPhone7』の牙城を崩せるかというと難しそうです。

FeliCa対応でSuicaを使えるようにしてきた『iPhone7』に対して、カメラ機能の向上では利点として対抗出来ないのではないかという気がしますが、こうなってくるとますますこの先どう差別化していくのか、国内のAndroid端末は難しい状況になっているように思えますが、果たしてどうなるのやら......( ´ー`)フゥー...