読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

DMMと抗争中の「DLsite.com」がPCゲームレンタルを開始!!

f:id:ikebukulog:20161002154202j:plain

 

2016年9月30日(金)、イオンシネマみなとみらいにて、「DLsite.com」20周年を記念した発表会『DLsite.NEXT』が開催されました!

発表会では、株式会社エイシスの藤井純さん(取締役)、山口修さん(企画営業部・マネージャー)、南将貴さん(事業統括本部・ディレクター)、株式会社ゲオの松岡達哉さん(メディア運営部・マネージャー)らが登場。これまでの事業を振り返ってのトークや新サービス“DLチャンネル”、“PCゲームレンタル”の情報が発表となり、さらに大島はるなさん、民安ともえさん、榊原ゆいさんら人気アーティストを招いてのミニライブが行われ「DLsite.com」の20周年を盛大に祝いました。

「DLsite.com」20周年を記念したイベント『DLsite.NEXT』が開催されました。DLsite.comと言えば、特に同人をやっている人だと身に覚えがあるかと思いますが、取り扱う商品を巡ってDMMとの熱い抗争を繰り広げていますが、そんな中で気になる新サービスが発表されました。

PCゲームレンタルとはいったい!?

 

エロゲーのレンタル販売は成功するのか?

 

f:id:ikebukulog:20161002155052j:plain

 

ライセンス認証サービスPlayDRMを活用することで“ゲームをレンタルしてプレイ”することを可能にした新サービスです。さらにインターネットだけでなく、ゲオ店舗でもPCゲームのレンタル販売が可能となります。

・低価格でPCゲームが遊べる:
プレイできる日数をPlayDRMで制御することで、ゲームのレンタルが実現。プレイ可能期間が設定されているため、買い切り版よりも手が届く低価格でゲームをプレイ出来ます。

・気になった作品は直ぐに購入:
レンタルして気に入った作品は、差額を払うことで買い切り版にアップグレードが可能。レンタル料金を買い切りに充てることができるので、気兼ねなくいろんな作品を楽しめちゃいます。

・返却手続きは不要:
PCゲームレンタルはカードによるデータ販売なので、期限が終了しても面倒な返却手続きをする必要がありません。

・全国のゲオ店舗でレンタル販売:
全国に幅広く展開するゲオ店舗でもPCゲームのレンタルが可能となります。ダウンロードカードを販売することで、実際に手にとって作品を選びたいというニーズに応えます。もちろん返却の際に再度店舗を訪れる必要はありません。

PCゲームと聞いて真っ先に思い浮かぶのは海外の洋ゲーですが、steamにしてもそちらは販路がしっかりしてるだけに何のゲームをレンタルするんだろうと思ったら、このパートナーブランドを見る限りエロゲーですねこれ(笑)

レンタルということで仕様を読むと、格安で期間中、製品版が遊べて気に行ったら差額を払って製品版にアップグレード出来るという仕組みのようですが、エロゲーでしょう。エロゲーってジャンルの95%がADVなので、殆どのゲームが期間中にクリア出来てしまうと思うのですが......勿論、それくらいのことは考えてるでしょうけど。仮に期間が3日もあったらクリア出来ないゲームはないと思う。その辺は一般ゲームと全く違うところなのでどうなんでしょうかこのサービス。

しかも、このパートナーブランドを良く見ると、半分くらいは休眠中で既に活動してないメーカーがありますが......。

ということはこの新サービスは、新作を新しいスタイルで販売していこうと言うよりも、過去のソフト資産を活用しようという方向でしょうか。エロゲーはトレーダーなど中古販売が活況なだけに、中古だとメーカーには一銭も入ってきませんから、そうした対策なのかな?

でも、これって最悪なパターンとして考えられるのは、レンタルで気に行ったソフトがあったら、中古のパッケージ版を買うということが出来てしまうということなのですが......。でもこれはすぐ秋葉原とかに買い行ける側の発想なので、地方とかだとゲオでこういう風に買えるようになった方が良いのかなぁ。難しいですね。

どうなるPCゲームレンタル販売!?