イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

【シンデレラ4th】SSA1日目“TriCastle Story”感想

f:id:ikebukulog:20161017150332j:plain


さいたまスーパーアリーナで開催された『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story』に行ってきました!

感想と言っても、スポットライトに照らされて1曲目の『BEYOND THE STARLIGHT』が始まった瞬間、

みんなSSRだぁぁぁぁぁあ!!!!*1

って涙腺崩壊して*2記憶が朦朧なのであんまり憶えてなかったりするのですが、セトリも公開されているので振り返りの感想を。

ikebukulog.hatenablog.jp

 

MoneyCastle


サプライズだらけで終わってしばらくは「アイマスしゅごい......」しか呟かないBOTマンでしたが、そろそろSSA症候群を発祥しながらも日常に帰ってきました。今回は『さいたまスーパーアリーナ』。幕張メッセより交通の便が良くて快適です。天候も両日とも秋晴れの心地良い快晴でしたし、アイマスでSSAというと、2014年に開催された『IDOLWORLD!! 2014』の合同ライブ以来となりますが、まだまだシンデレラもミリオンも1stライブ前という始まったばかりの状態で精一杯パフォーマンスをしていたのが懐かしい。それから僅か2年で戻ってきたことを考えるとこの2年間が如何に濃密だったのかを物語っています。

初日は『TriCastle Story』ということで、そのときSSAに立ったメンバーは誰もいないというフレッシュな顔触れ。出演者が公表されて以来、いったいどんな公演になるのかと注目が集まっていましたが、サプライズもあり最高のライブとなりました!!

f:id:ikebukulog:20161017152635j:plain


会場外には一際目を引く『Cygames』さんのフラワースタンド通称『課金城』が設置されており、モニターだけではなく中に入って限定ムービーも見ることが出来るなど凝った仕様に。Pが日頃ガチャを回しまくった課金で作られているまさに課金城ですが、またその限定ムービーがライブ始まる前から泣かしに来ててその時点で結構もう駄目でした(笑)

f:id:ikebukulog:20161017152603j:plain

物販は事前通販もありパンフレットなど一通り購入済みの為、荷物は最小限で済んで有難かったです。会場限定CDと展示は混雑していましたねー。特に展示は主にフィギュアが飾られておりスペースとしてもそう長くはありませんでしたが、みんな写真を撮るので列が中々進まない。今回一番並んだかも......(=´Д`=)

私達シンデレラガールズです!


諸注意をちひろさんが。

ちひろさん「今回のライブはちょっと長いですヨ」

管理人「ほう......(4時間越えるくらいかな?)」

ちひろさん「休憩ないよ(ボソ それでは――開門です!」

管理人「え? んちょっと今、なんて――」

ということでまさかの休憩なし。
たださえ時間の長いアイマスライブ。会場もSSAということで途中メドレーパートで休憩を挟むのかと思いきや本当にノータイムで進行したので、トイレに行く暇なんてなかった......(´;ω;`)ウッ… 開場から開演まで2時間あったので、Pなら先に行って準備をしとくようにとのことなのでしょう。

ライブの話に入りますが、前説をなんと先日選挙でCVが決定したばかりの佐藤心役:花守みゆりさん、三船美優役:原田彩楓さん、森久保乃々役:高橋花林さん、依田芳乃役:高田憂希さんが担当という最初のサプライズに会場は大盛り上がりでした。

初日はとにかくフレッシュな顔ぶれでのライブに。メンバーの中で1stから皆勤なのはチヨチャン!! こと白坂小梅役の桜咲千依さんのみ。佐久間まゆ役の牧野由依さんは3rdではお休みだったので、ニュージェネもあんきらもアスタリスクもいないこのメンバーでどんなライブになるのかドキドキでしたが、シンデレラガールズはシンデレラガールズだったよ......(?)

シンデレラガールズはキャラクターが183人もいます。声が付くキャラクターが増えライブに参加するメンバーも大勢になってきましたが、そうはいってもその中でアイマスらしい、それこそシンデレラガールズとしてひとつひとつ階段を駆け上がって行く経験をしてきたメンバーっていうのは少ないわけじゃないですか。

徳島の川沿いで一人歌ったり、ナンジャタウンで人前で歌うのが初めてみたいなそれこそFランク時代から歩んできた積み重ねがあって今があるので、これまでのライブだと卯月役の大橋綾香さんが絶対的なセンターとして音頭を取って始まる『私達シンデレラガールズです』という台詞を、初日のメンバー全員で言うのは、そこで初めてシンデレラガールズとしてひとつにまとまった感があったというか、感無量でした。

全員が集合したりする今までにはない斬新な振り付けなどがあったのですが、初日はキッチリとソロ曲が披露されました。トップバッターはピンクの衣装と素敵な笑顔が輝いていた種崎敦美さんが歌う五十嵐響子のソロ曲『恋のHamburg』でスタート。MCパートではいつもの種崎さんでしたが笑顔が眩しかったです。

そして再現度の高すぎるアスカ。二宮飛鳥。青木志貴くんが完全にアスカ。二宮飛鳥。『共鳴世界の存在論』を歌いSSAで存在証明していました。本当にクオリティ高くて飛鳥しか見えないという。個人的に飛鳥君はSSRも引けたのでCD買いかなきゃピューッ!≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ

今回は衣装がキャラクターそのままという破壊力の高い姿に、皆さんいつも以上に本気でビジュアルをキャラに寄せていた所為か、最初からずっとアイマスあるあるの「ステージに○○が立ってた!(号泣)」状態になってましたが、フレちゃん役の高野麻美さんがサイパン煽りしててワロタ。フレデリカなら言いそう。流石アッサム......。そういうことめっちゃ言いそう。めっちゃ可愛い。

『お散歩カメラ』→『lilac time』くらいからUOバキバキゾーンに入るのですが、席が400レベルだったんですけど『気持ちいいよね 1等賞!』『Can't Stop!!』は振動で地面が揺れて底が抜けるんじゃないかと思うくらい盛り上がってました。でも安心。SSAは耐震構造らしいよ! 開演前にお姉さんが言ってた。

和氣あず未さんの他、お城の上と下で飯田友子さんやねこさんこと金子有希さんがバブルの気持ちになるですよーと、キレキレのダンスを披露。ジュリ扇を持って踊る中、特別に作られた専用ムービーだと思うのですが、デレステのモデリングでアイドルがミラーボールの下で踊るというバブリーな演出もあったりと楽しすぎて何かもう良く憶えてない......。

ワンフェスから大進化した藍原ことみさんが完全版『秘密のトワレ』をセクチーに決めたり『咲いてjewel』がクール曲でありながらパッション曲みたいになっていたり、『ミラクルテレパシー』がラッキーセブンで今日は良いガチャ日和になった後、今度はいったいどんなサイキックなんだと思っていると堀裕子役の鈴木絵里さんが「むむむーん!」

♪~「なんか聴いたことあるな、この曲」ざわつく会場。

『To my darling・・・』

えぇぇぇぇぇぇぇぇ!!

幸子を演じる竹達彩奈さんのまさかのサプライズ登場で、理解の追いつかないPの動揺と、認識してからの歓声が凄かったです。これまで中々参加する機会もなくて一番難しいだろうと思われていただけに、これには割れんばかりの大歓声が上がってました。幸子Pホント良かったですねー。感極まる瞬間だったんじゃないでしょうか。

後半は主にユニット曲のゾーンに。
『Absolute NIne』から『Hotel Moonside』『in fact』の流れは3rdでも特に話題になった構成でしたが、昨年とはまた違う気持ちのアリスで歌う佐藤亜美菜さんはまさにアイドル。シンデレラの一人として歩き出したアリスの歌は昨年よりも優しく仕上がっていました。初日はいない輝子の想い受けて『Lunatic Show』なんかもありつつ『Tulip』『純情midnight伝説』と続くのですが、1人足りないメンバーは映像で補いつつオリジナルメンバーで歌い上げ、向井拓海役の原優子さんがとにかく会場を熱く煽り『ハイファイ☆デイズ』に繋ぐと、次に登場したのは佐々木千枝役の今井麻夏さん、竜崎薫役の春瀬なつみさん。2人で歌うのは大変じゃないかなとか思っていると......。

今度はまさかの市原仁奈役の久野美咲さんが登場!
本日2度目のサプライズに会場中が「考えるよりも感じろ!」のテンションでとにかくUO振っとけみたいなボルテージだったので『みんなのきもち』→『GOIN’!!!』の辺りは殆ど記憶がありませんが、楽しかったことだけは憶えてます(笑)

MCでは、原優子さんが神戸で初参加初披露となった炎陣『純情midnight伝説』の前に『あんずのうた』で会場を温めてもらった事に感謝しているというお話が。だからこそ久野美咲さんがサプライズ登場する『ハイファイ☆デイズ』を盛り上げたかったとのこと。この義理堅さ、まさにヘッドの向井拓海そのままでした。

アンコールは5周年記念の新曲『EVERMORE』そして最後は『お願い!シンデレラ』で幕を閉じました。全体的な総括は2日目にするとして、とにかく楽しいライブというのを徹底追及したかのようなステージは圧巻。勿論これまでもそういう感じはありましたが、これだけ全面に違いが押し出されたのは初めてではないでしょうか。ここまで映像を使った演出やとにかく拘った豪華なステージセットなど765ともミリオンとも違うシンデレラのライブの大きな特徴であり、ますますDっぽい夢の国感が増したような(笑)

そして最後に大役を桜咲千依さんが務める事に。

これからもアイマスですよアイマス!

はライブのラストを締めくくる大切な台詞だけに、この大役を1stからずっとやってきた桜咲千依さんが言うのはとても感動的でした。

そして今回のこのメンバーで行われた『TriCastle Story』というお城は、新しく入ったアイドルがシンデレラになる為のお城だったのかなという気がしています。初めて魔法が掛かる時間を体験することで、その経験が演じるアイドルに還元されていく。それがシンデレラガールズなんでしょうね。

実際、今回の豪華なステージにしても専用の個別衣装にしてもガチャを回した結果がこういう演出としてライブで目に見える形として還元されているので、結論としては、これからもガチャを回すしかないというライブでした。

まさかライブでSSR煽りをされるなんて……。
そして2日目、更にそれを思い知ることに。

*1:正確にはSSRやSR+などカードの絵柄を模した衣装

*2:Pの涙腺はガバガバ