イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

池袋でも劇場版『カードキャプターさくら』のリバイバル上映が決定!!

f:id:ikebukulog:20161030135231j:plain

カードキャプターさくら公式サイト

ソースは『なかよし』

観に行きたいのに恥ずかしくて行けないという思春期の学生を大量に生み出したという、あの伝説の名作、劇場版『カードキャプターさくら』のリバイバル上映が全国7都市で開催決定!!

安心してください、
池袋は入っていますよ!

1/21からシネ・リーブル池袋で上映決定

 

東京では新宿ピカデリーと池袋の2箇所だけみたいです。他には神奈川、大阪、京都、愛知、福岡、北海道の大都市で大阪が2館、他は1館だけなので公開規模としては小さいだけにハードルは高そうですが、それでも嬉しい!

上映は恐らく1作目でしょうが、近いうちに2作目の『封印されたカード』もリバイバル上映されるかもしれませんね。

www.youtube.com

また香港で大活躍するさくらちゃんが見られるのか......(;´Д`)…ハァハァ
第1作目の放送は1999年の世紀末でしたから、あれから17年ですか。でも、あんまり古さを感じないというか、逆に新鮮です。改めて思いますけど、この頃のアニメってキャラクターの動き方とか凄いですね。例えば今、ドラゴンボール超が放送していますけど内容はともかく、戦闘シーンとかたまに物凄くダサい変な動きをしてるときがあって、それは作画とは別の部分が退化してたりするのかな。

この頃はアニメとしては最後のセル画時代で、2000年代に入るとデジタルに染まって一時期クオリティが一気に下がるのですが、まさにセルアニメの絶頂期といった感じです。セル画にはセル画の良い所っていうのがありますね。絵の温かみとか。不思議と昔のアニメの柔らかさみたいなのはセル画ならではの特徴なんでしょう。

当時、確か2回映画を観に行った記憶がありますが、1回目は1人で観てたんですけど、2回目は自分だけで行くのが恥ずかしいとかいう知り合いに連れて行かれた覚えが......しかも大して接点がない人達もこれ幸いと集まるという......。別にそんなの誰も気にしないと思うんですけど、多感な時代の青少年ならではですね(笑)

1作目は劇場版らしく番外編といった内容で、香港旅行に出かけた一行がクロウリード大好きお姉さんの時空を超えた恋愛(壮大)に巻き込まれるストーリー。この映画で初めてバードストリート知りました。

2作目は最後の「大好き」を聞くためにあるような映画ですが、恐らく今でもあのED曲が入ったら即涙腺崩壊する気がする......。また映画館で観たいなぁ。

なんにしても楽しみすぎるリバイバル上映。これは行くしかない!