読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

【週刊少年マガジン】遂に袋とじでエロ漫画を掲載

漫画

少年誌でこれはどうなんでしょうか?
うっ、頭が。なんか少し前に同じ話をした記憶が......。

ikebukulog.hatenablog.jp

今週のマガジンを読んでいると中に袋とじが封入。開封してみるとドメスティックな彼女“エロ漫画”が掲載されていたのですが、これはもうお色気要素とは言えないのような......(;゚д゚)ポカーン

 

エロ小説から袋とじエロ漫画掲載へと進化した!

 

週刊少年マガジンといえばハロウィン企画なのか何なのか良く分かりませんが、つい先日も脈絡もなくいきなりエロ小説を掲載して話題になったりしていましたが、今度は袋とじで【ただのエロ漫画】を掲載。

物語の中でそういうシーンが描かれる一般的な漫画の×××シーンとは違い、最初から性行為を目的とした内容で、カテゴリー的には竹書房などが発行している成年コミック指定を付けない一般向けライトアダルトコミックと同じです。

なぜ週刊少年マガジンで、ただのエロ漫画を......?
疑問が尽きませんが、なんかホント週刊少年ジャンプとは別の意味で暗黒臭を感じるマガジン。この方向性で大丈夫なのか一抹の不安を感じる今週号でした。

先月、講談社はオタク向けの作品を強化するということで一迅社を買収。完全子会社化しましたが、現在のマガジンのなんとも言えない感じはそうした戦略が影響しているのでしょうか。エロ漫画を強化するという方向自体はこの10年のトレンドであり、成年コミックの作者が大量に一般向けに引き抜かれたりしましたが、そうした市場に講談社も参戦ということなのかもしれません。

ただ最近になってそれもいい加減通用しなくなってきてる感じもあるので、どうなるのかは未知数です。それに『ドメスティックな彼女』のようなマガジン的な漫画と、エロ路線の強化はあんまり噛み合ってないような気がしなくもないのですが、だいたいマガジンといえばヤンキー漫画に代表されるリアル志向の少年誌として差別化されていたと思うんですけど、それも今は昔となりました。

もう『特攻の拓』みたいな“不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまう”ような漫画は出てこないのでしょうか。悲しい(´;ω;`)ウッ…

ヤンキー漫画自体にそこまで需要があるのかもイマイチ分かりませんけど、一迅社の完全子会社化で、今後マガジンにどういった新連載が掲載されるのかは注目です。一迅社だけにアイマスの連載始まらないかな……4コマ枠で『ぷちます』とか。

ただ一時期話題になった不健全図書。最近ではあまり話題を聞かなくなりましたが、今でも不健全図書の指定というのは普通に行われていて、今月も赤ハガキでジーウォークのコミックなどが不健全指定されていましたが、これだけエロ路線を強化してるとそのうち指定されたりするかもしれませんね......。