読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

シンデレラガールズ5周年おめでとうございます!

f:id:ikebukulog:20161128155308j:plain


おめでとうございます!

2011年11月28日から始まったシンデレラガールズも本日で5周年を迎えました。気がつけばあっという間の5年間。そんな5周年を記念してキャンペーンなどが盛り沢山。
Anniversaryをお祝いしましょう!

皆さんは5年前何をしていましたか?
私は......Xbox360で『THE IDOLM@STER 2』のDLC買って課金してたので、よし、今と変わらないな!(納得の感動)

 

ふーん、アンタが私のプロデューサー?

 

全てはここから始まりました。
最初にこの台詞を聞いたのはビックサイトだったような記憶があるのですが、この頃はまだ渋谷凛にしか声が付いておらず、765さんがPVで音声を担当していましたね。100人以上のアイドル、そしてこの渋谷凛の尖った台詞といい765と比べて随分キャッチーな内容だなぁ......とか当時思ってましたけど、管理人が本格的に知ったのは2012年ナンジャタウンでのデレラジ公開録音でした。

そこで初めて表舞台に立つ3人が本当にFランク時代という感じで、ここから駆け上がっていくんだっていうアイマスらしさを見た気がします。

5年間という時間はとても長くて、5周年を記念した新曲『EVERMORE』は、そのリアルな5年間という時間がそのまま歌詞として盛り込まれています。その5年の間に、コンテンツとは直接関係なく、個人の人生として就職したり、或いは結婚したり、友達が出来たり、辛いこと悲しいこと、嬉しいこと楽しいこと色んな人生の起伏がそれぞれ1人1人にあって、その中で偶然一つのゲームと出会って、5年目の今があるので、そういうことが全部曲に乗ってくるともう涙腺崩壊するしかない(笑)

これは765さんが特に顕著ですけど、10thとかがあれだけ感動的なのは、10年間色々あったなっていうのがそれぞれの10年間とリンクしているからですよね。自分にとって色々あったその間もずっと続いてきたことに対する想い、今この瞬間がある軌跡と奇跡が結びついて生まれています。アイマスの曲、特にこうした全体曲などは近年特にそうした「これからも一緒に歩いていこう」というテーマが全面に押し出されているのが特徴的です。

5周年を迎えて、これで終わりかと言えばそんなことなく、今度はその先の10周年を目指して進んでいくことになるのでしょうが、いつかまた5年後の今日、それを祝える日々がくると良いですよね。