イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

日活のホラーゲーム『クリーピング・テラー』が超面白そう!!

f:id:ikebukulog:20161211075348j:plain

nikkatsu.com

なんだこれ超面白そう!!

日活といえば、そう日活ロマンポルノのあの日活さん。
そんな日活さんがここにきてソーシャルゲーム市場ではなく、コンシュマーゲーム市場に参戦。自社レーベル「SUSHI TYPHOON GAMES」を立ち上げました。

そんな日活「SUSHI TYPHOON GAMES」第2弾が、女子高生が怪物が出ると噂されている屋敷を探索する横スクロールアドベンチャーホラーという日本ではその存在が全滅したとばかり思っていたホラーゲーム。これはもう期待するしかない!!

 

今やホラーゲームは『零』くらいに......

 

後は『夜廻(よまわり)』とかくらいですかね。海外だとたまに出てますけど、国内だとADVならまだ多少あるかと思いますが、今やホラーゲームは絶滅危惧種と言わんばかりのレアなジャンルなので期待です。ホラーと言えば『バイオハザード』ですが、最新作の7でホラーゲームらしさを取り戻せるのか注目しています。

さて、「SUSHI TYPHOON GAMES」さんは、第一弾の『刺青の国』の時点で「売れ筋なんか関係ねぇ! 作りたいものを作るんじゃあ!!」と言わんばかりの刺青の入った美少女が活躍する地域制圧型SLG、アリスソフトさんの超名作美少女ゲーム『大悪司』を彷彿とさせるゲームを今年9月にPSVITAのDL専用ソフトとしてリリースしたばかりですが、間髪入れずに第2弾。

www.youtube.com

PV見た感じだと『クロックタワー』っぽいですね(*゚д゚)
昔『クロックタワー』をプレイしたときはシザーマンが怖かったのですが、今思い返すと、シザーマンは動きも遅い上に、連打すればピンチを切り抜けられる虚弱体質。逃げずにその場で倒せたのではないかと思わなくもありません(笑)

3人の友人達と何か恐ろしいものが出ると噂されている古い屋敷に肝試しにやってきたアリサ達。途中、事故が起こり意識を取り戻すとそこは先程とは別の場所になっていた。はぐれてしまった友人達と無事再会して屋敷から脱出することが出来るのか?

というストーリーのようです。プレイヤーは女子高生のアリサを操作して屋敷からの脱出を図るみたいですが、ホラーゲームだけに選択を間違えると友人達は殺されてるんだろうなぁ......。

『セプテントリオン』のように全員助けて脱出するとベストENDみたいなマルチEND方式になってるのかもしれません。というかアリサは女子高生だそうですが、何かしら怪物に対抗するような武器などを持っていたりするのでしょうか。動画だと逃げる一方ですけど、『スプラッターハウス』みたいに角材とか鉈で怪物をホームラン出来たりするのかな?

何にせよ非常に楽しみな『クリーピング・テラー(CREEPING TERROR)』。2017年配信とのことですが、「SUSHI TYPHOON GAMES」さんは国内だけでなく、海外での展開も視野に入れているそうなのでこれからの活躍に期待です!!