イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスをお届け

MENU

消えた“大阪POP”西日本のポップカルチャーの聖地は愛知県が有力か?

f:id:ikebukulog:20161212073812j:plain

コスプレの中心地愛知県

年明け早々から面白そうなイベントが愛知県で開催されるみたいですよ!
「あいちポップカルチャーフェスティバル2017」会場は『愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内、地球市民交流センター』とのことですが、ちょうど現在コスプレウォーキングの出演者を募集してるそうなので、新年に旅行がてら遠征というの面白そうです。

管理人も西日本のイベントって最近なかなか参加する機会がないので行ってみたいのですが、コミケ後ということもあってだいたいこの時期は忙しい上に体調を崩してることも多いので思案のしどころ(´・ω・`)

かつて大阪には大阪POPという企画があった

大阪の日本橋、名古屋の大洲などオタク街として有名ですが、一言でオタク街といってもそれぞれ独自の特色が出ていて、個人的にですけど秋葉原も含めて一番雑然としてるカオスな街なのは大洲な気がします(笑)

昔、大阪難波の「e-maid」さんに良くお昼を食べに行ってたんですけど、栄枯盛衰の激しいメイド喫茶の中でも、ブームが終わって以降も未だに現役なことを考えると、如何にメイド喫茶において立地条件が重要か分かります(;´Д`)

そんな話はともかく。
「世界コスプレサミット」が開催しているからなのか、こうしたポップカルチャー系のイベントでは愛知県が有利という感じがしますね。

大阪も関空で『Japan PopCulture Festival』などが開催されていますが、昔、大阪POPという企画もあったんですけど雲散霧消していました。結局、りんくうタウンへの企業誘致もままならずと、あまり上手くいってる印象がありません。

地方でもポップカルチャーという括りでイベントが行われたりしているので、何度か参加してみたこともあるのですが、実はこれが結構な罠だと思っていて、マンガ、アニメ、コスプレ、ファッション、音楽のような所謂『クールジャパン』をテーマにしたイベントは、当然ですが本来それぞれ別のジャンルなので、一緒くたにまとめられても散漫すぎてgdgdになってイマイチなことが多いです。

勿論成功しているイベントも多いでしょうから一概には言えませんが。そういえばこのクールジャパンという括りにゲームが入らないのは、そもそも昔から世界市場で勝負しているからなんでしょうね。

それはともかく。
その点で言えば、「日本橋ストリートフェスタ」などは大勢の人が集まり成功していますし「世界コスプレサミット」にしてもそうですが、オンリージャンルイベントの方が目的が明確で人も集まり易いのは間違いないでしょう。

考えてみれば東京で開催される大型のイベントって、割とジャンルがハッキリしてるじゃないですか。アニメならアニメ。ゲームならゲーム。

ポップカルチャーやクールジャパンみたいな良く分からないフワッとした括りのイベントは海外で日本の文化を紹介するというテイストならまだしも、国内でそんな意味不明なごちゃ混ぜのイベントやられても何の魅力もないというのが実態なんでしょうね。

自治体がイマイチこのジャンルで成功出来ない理由が自ずと見えてきます。