読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

USJに任天堂の新エリア『SUPER NINTENDO WORLD』爆誕!!

f:id:ikebukulog:20161213085346j:plain

www.4gamer.net

国内のUSJを含め世界3カ国で予定されている任天堂の新エリア。
投資規模も桁外れの500億円超という大規模投資で任天堂の世界観を徹底再現する他、世界初となるアトラクションや、これまでにないインタラクティブな要素も盛り込まれる最新鋭のテーマーパークになるそうですよ。

2020年の東京オリンピックを前に世界に先駆けて日本でオープン予定の『SUPER NINTENDO WORLD』遂に昔から株主総会やファンの間でも話題に上がっていた任天堂テーマパークが現実に。

 

ゲームとの連動、遊び、全てが新しくなる次世代のテーマパーク

 

来年3月には任天堂の新ハード『Nintendo Switch』の発売が予定されていますが、2020年だとちょうど『Nintendo Switch』が3年目となる円熟期。リアルのテーマパークが家庭用ハードとどう連動していくのかにも興味を引かれるところです。現状の時点でスマホや3DSと連携する仕様と噂されているので、テーマパークもゲームも新しい時代に突入していくのかもしれまん。

USJは大阪なので京都に本社がある任天堂からするとお膝元。
東のディズニー、西のUSJという東西対決がますます過熱化しそう。日本人は世界でもテーマパークが大好きな国民性。2015年の世界テーマパーク年間来場者数は1&2位がアメリカのマジックキャッスル&ディズニーランド。3位が日本のディズニーランド、4位が日本のUSJとなっています。更に5位は日本のディズニシー。任天堂の新エリアが完成すればクッパ城vsシンデレラ城カメvsネズミのような仁義なき対決にも注目です。

スーパーマリオシリーズを中心にした任天堂のキャラクター達が集結するというSUPER NINTENDO WORLDは,最新鋭の技術を利用した“世界初”のライド・アトラクションをはじめ,インタラクティブ・エリア,ショップやレストランなどを有する「二層構造」の巨大複合エリアになるという。

任天堂と言えば マリオですが、しかしそれだけではないのが任天堂。
国内で150万本を達成した『Splatoon』の新エリアなどが出来れば、それだけもう面白うそうな気しかません。リアル縄張りバトルが出来るとかになったら年間パスポートを買ってしまいそうです(*゚∀゚)=3ハァハァ

更には『ポケモン』や『どうぶつの森』『ピクミン』それこそ『ファイアーエムブレム』など硬軟入り混じった豊富なIPが揃っているので単にグッズなどショッピングだけでも楽しめそうですよね。

2、3年ほど前に日本全国でクールジャパンを中心にした国産のテーマパークの話が大量に持ち上がりましたが(淡路島とか)、幾つか具体的に計画が進んでいたりするのでしょうか。それを提案してるのがコンテンツを作る側じゃなくて、とりあえずテーマパークを作ってから有名なIPを借りてくれば良いみたいなガバガバな運営計画だったんでイマイチ上手くいきそうになかったんですけど、それに対してUSJに関しては任天堂の発表から一気に具体化してきました。

これまでにも『モンハン』や『進撃の巨人』などIPごとにコラボが行われてきましたが、それとはまた違う巨大なまさにワールドなので、宮本茂さんをはじめ任天堂も全面協力という『SUPER NINTENDO WORLD』テーマパークに革新を起こす事になるのか。ハードを開発している任天堂だからこその仕掛けというのがどうなるのか今から楽しみです!!