読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

「Heaven×Inferno(ヘブン×インフェルノ)」サービス終了。2017年ソシャゲ大氷河期へ突入か?

f:id:ikebukulog:20161226054606j:plain

「Heaven×Inferno(ヘブン×インフェルノ)」サービス終了ですか。久しぶりにログインしたら悲しいお知らせが(´・ω・`)

開発がトライエースさんだけに、結構遊べる面白いゲームなのですが、SOが初動はぼちぼち好調みたいなのでこちらは切られた感じですかねー。順位もそんなにどうしようもないほど低いということもなく、500位よりは上にいたと思ってましたが、残念です。

今年、ヒットしたソーシャルゲームを考えても「ポケモンGO」「スーパーマリオラン」のようなそもそもの規格外なアプリはともかく、新規での大ヒットが中々出ない状況になってきていますし、最近のリリースしてからの撤退の早さといい2017年はこれまでのように大量に粗製乱造されまくりな市場からは変化してきそうです。

 

サービス終了ラッシュ!ラッシュ!ラッシュ!

 

「パズドラ」や「モンスト」をヒットさせたガンホーやミクシィもそれ以外は中々パッとしません。「ブラックナイトストライカーズ」も半年ほどで早々にサービス終了となりましたし、新作アプリを作っては撤退という状況が続いています。CS大手でもスクエニは質より量で大量に作っては早期終了ラッシュ。「アリスオーダー」とかあんなに宣伝してたのに。カプコンが開発した課金への拘りで有名な「ブレス オブ ファイア 6」も依然低空飛行と、何処もヒットアプリを出せず苦しんでいる印象を受けます。

管理人もプレイしていた「アイドルコネクト」も僅か3ヶ月で終了しましたが、来年1月にアニメが控えている「アイドル事変」のアプリが一切話題にならなかったりと、最早アニメだから大手だからといったそうしたことが何も通用しない程、膠着化してるように見えます。マネタイズをガチャに依存したアプリの限界が来ていますね。

ガチャをゲームの柱に置いている以上、ゲーム性も似たり寄ったりで幅が狭く、収益が出ない状態でもサービスの運営を続けなければいけない現行の仕組みは既に詰んでいるような。無課金ユーザーだけで成り立つわけもないので、結局課金層の取り合いですが、そうした層は上位のアプリに居ついてますし、課金すればするほど他のアプリに移り辛くなるという心理的抵抗も含めて、今後これまでのように新規アプリが大量に出るのかといったらかなり微妙じゃないでしょうか。

そこで「スーパーマリオラン」ですが、1200円の買い切りアプリということで、上記の「Heaven×Inferno(ヘブン×インフェルノ)」のようなRPG型のアプリなど特にそうですけど、かなり遊べる内容でしたし買い切りで出してくれたなぁ......。

据え置きのRPGが大作化に走る一方でグラブルなどのヒットを見ると、SFCライクの手軽にコツコツ遊べるRPGに飢えている層っていうのは確実にいますし、ソシャゲだからって何でもガチャにしないといけないわけではないと思うのですが......。

ガチャという仕組みは、ギャンブル性が高いので如何にも終了しそうなアプリのガチャを好き好んで積極的に回す人もそういないでしょう、ランキングやイベントですぐにアクティブも判明しますし、そうなれば課金マインドの低下で余計にサービス終了を加速させる負のサイクルに入りますから、物によっては買い切りの方が全然合ってると思うんですけど。それこそe-shopなど各種オンラインサイトでも販売出来ますし、課金ではなく購入なので価格の上限も決まっていて、むしろ基本無料より手が出しやすいです。

マリオランは規模的に例外ですが、来年辺りから徐々に買い切りアプリの比重も上がってくるかもしれません。逆にガチャ中心のアプリは徐々に減ってくるのではないかと最近のサービス終了ラッシュを見て思うのでした。