イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

廃業を余儀なくされた旅館がコスプレで復活!? 老舗旅館の新たな挑戦

nlab.itmedia.co.jp

( ;∀;)イイハナシダナー

これは素晴らしい!
経営難で店仕舞いを余儀なくされた旅館がコスプレ会場として新たな挑戦。和の佇まい溢れるシチュエーション、刀剣など流行っていますし、これを機にコスプレの聖地となるのか、岡山県にある老舗旅館の挑戦が熱い!!

 

共存共栄を目指して

 

ツイートした宮(@gu_max)さんによると、岡山県美作市にある実家の旅館「駒ノ旺山荘」が経営難で店じまいを決断せざるを得ない状況に陥ったため、最後のあがきとして「コスプレ会場として利用できないか」という話になったとのこと。このツイートに対し、コスプレ撮影で使いたいという多数のリプライが寄せられた他、リツイートも数多くされて話題となっています。

こういう試みは是非とも応援したいですね!
5時間の日帰りコースなど良く話や要望を聞いてどういったものが望まれるのか丁寧に折り合いをつけている様子。コスプレに対して理解がある旅館側と、そこに集まる人とでWin-Winの関係になれる素晴らしい提案です。

これを切っ掛けに単にコスプレの舞台というだけではなく、ちょっとした旅行の目的になれば安定して人が来るようになるでしょうし、前の記事でも触れた湯涌温泉などは「ぼんぼり祭り」を目的として行ってみると、その街の魅力や美味しい料理など良い点が沢山伝わってきて、その後、温泉に行きたいなっていうときに「ぼんぼり祭り」とは関係なく行きたくなるんですよね。

そうやって魅力が伝われば人が増えるでしょうし、コスプレで撮影して、温泉に入って癒されて、美味しい料理食べるっていうそれを目的とした旅行にもなりますし、岡山に行ったときに泊る宿として定着するかもしれません。瀬戸内海の海の幸って何が有名なんでしょうか。そういう旅行としての楽しみもありますよね。

マナーなどの問題面で会場が使用禁止になるところが出てきたりもしていますし、そうした中、主催者側に理解があるというのは何より重要で心強い部分です。参加者側も節度を持って「やらなければ良かった」というようにならないように、Win-Winでどちらにとっても有益になるように共存共栄を目指せたら素敵じゃないでしょうか。

「駒ノ旺山荘」さんの試みが成功すれば、今後、全国の経営難に苦しむ他の旅館などでも同様の試みが行われるようになるかもしれません。これこそが本来の意味でのツーリズムなのであって、アニメツーリズムっていうのはそういう部分を履き違える感がありますが、この挑戦が成功して今後もコスプレの舞台として盛り上がっていってくれれば素晴らしいことですね。

管理人も「マチアソビ」に行くときに泊りたいです(笑)