読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

【投資が集中】池袋に西武HD本社が移転決定!!

池袋

trafficnews.jp

現在、所沢に本社がある西武ホールディングスが池袋駅周辺に移転。
ようやくあの機能しない東西デッキが本格的に活用されるときが!

移転の理由は、「事業環境の大きな変化が想定されるなかにおいても、社会・経済の変化を敏感にとらえ、事業を機動的に展開することにより、持続的かつ力強い成長を実現していくため」とされていますがが、西武さんが池袋に戻ってきたことで、よりダイナミックに今後の再開発が進んでいくことになる......のかもしれません!

 

西武鉄道は100周年、西武の聖地、池袋

 

2012年に西武鉄道は100周年を迎えましたが、池袋といえば西武さんのイメージが強いですよね。駅番号01を持つ始発駅も池袋駅ですし、ビックカメラの歌の通りかと思いますが、そんな西武HDが池袋に戻ってくるということで、再開発で街が劇的に変化している真っ最中の池袋に投資が集中している構図がより鮮明になりました。

西武鉄道さんはアニメや漫画といった作品とのコラボにも積極的だったり、特に埼玉方面は○○○の聖地という場所が多いので、西武池袋駅にはいつもそうした案内板やポスターが貼られていたりしていますね。社会・経済の変換を敏感に捉えとありますが、今の池袋はまさにその変化の渦中にあるので、不動産事業の強化を目指す西武HDさんが池袋に帰ってきてどうなっていくのか楽しみです。

さてさて、その本社ビルですが、19年の春に開業予定。
低層階には商業施設が入居予定ということで、より駅周辺が賑やかになっていきそうです。西武百貨店さんでもしょっちゅう○○展などが開催されており、オタク的にも決して無関係じゃないスポットなので、そういった面でも注目。さらに空中歩行デッキや将来的に東西連絡デッキとも接続されるそうなので、東から西へのアクセスがようやく改善されるのかもしれません。

このままだと西口の再開発の遅れから、池袋では深刻な東西格差が発生することになるので、一日も早い東西連絡デッキの活用が望まれます。2019年には劇場などの再開発が終了し巨大な劇場空間が完成する東口に対して、西口は2023年以降から既存施設の解体という計画になっているようなので、この10年の遅れが池袋の東西に大きな影響を与えるのは必須。

西口も駅周辺以外でもう一つ大きな再開発エリアが出来たりすると面白いんじゃないかと思うのですが、こればっかりは今後どうなっていくのか分かりませんね。西口にも期待したいところです。

劇場都市を目指す池袋が数年後にどうなるのか。目が離せない!