読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

「池袋」が住みたい街ランキング1位に返り咲く!

池袋

resemom.jp

不動産・住宅情報サイトHOME'S(ホームズ)は、2017年住みたい街ランキングを発表した。買って住みたい街は、首都圏では船橋、近畿圏では天神橋筋六丁目、中部圏では一社が選ばれた。借りて住みたい街では、恵比寿や吉祥寺を抑え、首都圏1位に池袋が選ばれた。

毎年お馴染み住みたい街ランキング。
昨年は圏外だった池袋が再び1位に返り咲き。再開発が始まって以降、イメージの改善が進み、住みたい街として名前が挙がるようになった池袋。

いつ住むの?

今でしょ!m9っ`・ω・´)シャキーン

再開発地域は旧庁舎跡だけじゃない!

 

これまでは池袋にあまり良くないイメージを持たれている方も多く、縁のなかった住みたい街ランキング。西口に関してはその通りなのですが、再開発で飛躍的に街のポテンシャルが向上したことで、イメージの改善も進んだのか今後の期待値も含めて1位を取るなど状況は変わってきました。

再開発と言えば、旧庁舎跡地への劇場建設が目立ちますが、他にも造幣局跡地(約3.2ha)など大型の再開発が控えており、防災公園、市街地への整備によって文化交流、副都心線を活かした導線など、池袋駅反対に位置する造幣局側にもう一つ大きな都市基盤を作ることを目的とし大きく計画が動いています。

個人的にも緑が増えることは大歓迎です。
水場や緑の不足を感じることが多いので、防災公園が出来ることでのんびり緑を楽しめる広々とした空間が出来るのは待ち遠しいですね。

造幣局側の再開発ということで、大塚などからも距離が近く、繁華街から距離があるので閑静で池袋の中でも住むにはお勧めのエリアです。サンシャインシティが非常に近く、副都心線など交通便も良いので、まさに納得のランキングではないでしょうか。

何より、乙女ロードが近いぞ!
賃貸料もこの周辺はそこまで上がっている感じではなさそうなので、オタクにはお勧めの街じゃないでしょうか。周辺がビジネス街になってしまっている秋葉原と違って、住みやすいですし、大抵何でも揃うのが魅力(笑)

何より、行けば何かしら開催しているサンシャインシティや、毎月コスプレイベントが行われていたり、今後、一気に劇場も増えますし、乙女ロードにアニメイト本店など、至れり尽くせり。街を歩いているだけで新しい発見、面白い光景に出会うことが出来るので中途半端に何もない場所を選ぶくらいなら、飛び込んでみると池袋の実態が見えてくるかもしれません。

引越しを考えている人は選択肢の一つに入れてみても良いのではないでしょうか。