読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

ドン・キホーテ最速58分配送!! 激化する物流戦争

www.excite.co.jp

運送屋さんに申し訳ない(´・ω・`)
自分でも頻繁にAmazonを利用しているので言えた口ではありませんが、ドン・キホーテが最短58分で商品を配送する新サービスを今月22日から開始するそうです。

2017年2月22日から、サービスブランド「majica Premium(マジカプレミアム)」の第2弾となる「majica Premium Now」を開始する。ドン・キホーテが持つ店舗網を最大限に利用する同サービスは、専用サイトで商品を注文すると、半径約3km以内の最寄りの店舗から配達先へ、最短58分以内で商品が配達されるというものだ。

ますます便利になっていくばかりですが、その皺寄せが運送屋さん集中することを考えると中々手放しで喜べないところです。

 

そんなに急いで必要なものを通販で買うなくなくない?

 

早いのは便利とはいえ、そこまで至急必要というものを通販で買わないと思うのですが、それは人それぞれなので何とも言えませんけど、便利さの裏には何処にかにその皺寄せがいっているわけで、必ずしもどうなのという気はしてきます。

ということで最近は管理人も代引きでの購入は止めました(笑)
代引きだとどうしても家にいないといけないので二度手間なんですよね。小型の荷物なら郵便受けか、それこそ宅配ボックスにでも入れて貰えればそっちの方がどちらにとっても時間の節約になって有難い話です。

こうした配送サービスではAmazon、ヨドバシが有名ですが、そこにドン・キホーテさんの参入で、国内はまさに物流パンク状態。流石にこの手の最速配送は地域が限られていますが、それでも実際に体験すると凄い早い。早くて便利な反面、凄く申し訳ない気持ちにもなります。

今後同様のこうした配送サービスが増えてくると、現在の物流体系で賄いきれるのか疑問です。佐川はAmazonを止めましたが、本当に配達員さんは大変そうにしているのでそういったところにも改革が必要そう。Amazonが米国で自社ストアー『アマゾンGo』の実験をしていますが、近いうち日本にも参入してきそうですし、まだまだ過熱していきそうな物流戦争。

そういえば昔、文通をやっていたことがあるのですが、あの片道通行のやり取りと相手から返事が来るまでの数日間のドキドキって妙に良かった気がします。今ではメールを使えばすぐやり取り出来ますし、用件は電話で良いだろってなりますけど、そういう情緒的な待ち時間というのもときには必要なのかなぁ......という気がしてならない。