読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

メール職人のメールはやっぱり凄かった!

雑記

管理人は結構頻繁に有線、ネット問わずラジオを聴くのですが、そこで気になるアノ話題。そうラジオと言えば花形、メール職人!

毎回のようにメールを読まれているメール職人。
なんでもないメールのようでいて、やっぱりメール職人が書くメールのクオリティは凄かった!

 

かつてはハガキ職人
 

昔はハガキでしたもんね。
管理人も学生の頃は郵便局で大量にハガキを買って教室で投稿ハガキを書いていたこともありますが、今ではメールでブラウザから送れるようになってコスパも良くなり手間もグッと減りました。

最近ではそんなに送ったりしませんが、それでもたまにメールを出したりするときがありますが、ラジオを聴いていると毎回のように登場するメール職人とは何者なのか!?

何が凄いって一つの番組だけじゃなくて、横断的に色んな番組で名前を聴く人とかもいて、どれだけ幅広くカバーしてるんだと戦慄するのですが、その投稿メールのクオリティもまた凄い。

メール職人が出しているメールを良く聴くと、自分が言いたい事とか主張したいことは非常に控えめになっていて、例えば直近でCDなどが発売していた場合、「○○のCD買いました」+「ちょっとした感想」+「収録時のエピソードをお聞かせください」など、CDの宣伝をしつつ、良い点を話して、更にパーソナリティが話し易いようにアシストも行うという完成された内容になっています(笑)

限られた放送時間を最大限利用する為には、やっぱりただ感想だけというメールよりも上記のようなメールの方が番組を進行し易いのは明らか。読まれるには読まれるだけに技術、テクニックが込められていますね。

それだけでも凄いのですが、横断的に活動しているメール職人さんは、イベントごとにも積極的で、「○○行きました」みたいな内容も多かったりするのですが、そのイベントカバー率も凄まじい。ライブは勿論のこと、細かなイベントなどにもちゃんと通ってメールにするのはまさに職人。

単に家でメールの内容を考えているだけではなれないのがメール職人!

ラジオ以外にも例えば雑誌の読者投稿欄で活動しているハガキ職人など、縁の下の力持ち的存在です。有名なのが成年コミック雑誌を読むと巻末の読者投稿ページに必ずと言っていいほど特徴的な絵柄で掲載されている「三峯徹」さんなどがいられますが、ちゃんとイラストを描くと上手いそうです。あの絵柄は変えないでくれと言われてあのままらしいw

メール職人の道は遠い。
しかし、目指してみるのも面白いかもしれません!