イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

オトメイトがPS4へ完全移行を発表!! 乙女ゲームは新局面へ

f:id:ikebukulog:20170904064917j:plain

携帯機から据え置きへの大転換

遂にこのときが!?

このブログでもこれまで何度か話題にしてきた乙女ゲームの移行先ですが、遂にオトメイトさんがPS4への移行を発表。VITAの次はどうするんだという問題に決着。どうやらPS4になりそうです。

とはいえこればっかりはオトメイトと言うよりアイデアファクトリー自体がPS4へ完全移行という中でオトメイトさんも移動という形なので、ユーザーの方を向いて判断した結果というよりは大人の事情を感じざるを得ませんが......(ノ∀`)タハー

言うほど綺麗なイラストを大画面で見たいか問題

 

ikebukulog.hatenablog.jp

この発表を見ても、PSVITAの後継機はやっぱり出なさそうですね。
それが出るなら後継機1択だったはずですし、こうしたADVのゲームは性能が問題にならないので、あれだけ長く引っ張ったPSPみたいに後2年くらいVITAで続けても良いと思うのですが、このタイミングでPS4に移行を発表して大々的にPSの公式サイトで取り上げられていることから考えてSIEさんのご提案に乗ったような感じだと思いますが、吉と出るか凶と出るか......。

www.jp.playstation.com

女性向けゲームの醍醐味である綺麗なイラストを大画面でプレイしたいユーザーの皆様のご期待に応え、『薄桜鬼 真改 風華伝』をリリースいたします。

これまでよりも高解像度で美しいグラフィックを、大ボリュームの内容で皆様へお届けいたします。

『薄桜鬼 真改 風華伝』が先陣を切り、今後も続々とオトメイトのタイトルをPS4®でリリースしてまいりますので、ぜひともご期待ください。

これも不思議なんですけど、これまでよりも高画質で美しいグラフィックと言っていますが、一般的にADVで言うグラフィックってCGのことじゃないですか。一枚絵ってやつですけど、それがPS3やPSVITAからPS4に移行することでCGのサイズが4Kにでもなるんでしょうか。それが求められていて、それを表示できるテレビがあり、乙女ゲームをプレイする環境が整っている人がどれだけいるのか......。

実際にはCGが4Kサイズになることは有り得ないので、良くてフルHDサイズ(1920×1080)だと思いますが、4KはフルHDの4倍ですからね。作業量が増大してボリュームが増えるどころか中身がスカスカになります。

例えばアダルトゲームでも作品によってはCGをフルHDサイズで作ってるところが出てきましたが、その結果、以前の作品よりCG枚数が減っているというのは多いです。確かに高画質で大きいので見栄えは凄く良いですが、ゲーム自体の全体的なボリュームは減ってるんですよね。それが顕著なのがここ数年の傾向として、ヒロイン数が減っているというのがあり、昔は5人くらいメインヒロインがいて更にサブヒロインなども充実していたのが、今ではメインが3人になっていてサブも存在しないとか、そうした弊害っていうのはどうしても出てきますよね。基本的に高画質化とボリュームは両立しませんからね。

VITAの後継機が出ない以上、市場の移行先はスマホなんじゃないかと思っていたのですが、ここにきてオトメイトさんのPS4移行の発表。まさに乙女ゲーム新局面といった様相を呈してきました。

このオトメイトさんの移行で他のメーカーさんが追従するかどうか。そこはまだまだ懐疑的に思うのですが、果たしてPS4が乙女ゲームの主戦場になるのか要注目です!!

ikebukulog.hatenablog.jp

※追記

8月現在、美少女ゲームがスイッチに参入。
ADV系のソフトが次々とスイッチで発売が決まっており、今までにない混沌とした様相となってきました。

これまで美少女ゲームにしても乙女ゲームにしてもADVタイプのソフトは同種のプラットフォームで展開してきたのが常だったので、乙女ゲームがPS4で美少女ゲームがスイッチで展開みたいな中途半端な状況にはならないと思うのですが、分岐点に差し掛かっていますね。

いち早くPS4へ参入を表明したオトメイトさんに他のメーカーも続くのかと思いましたが、動きとしては静観といった感じで追従するような目立った動向は見られません。やはりこれまで携帯機をメインにしてきたという要素が大きいのか、いきなり据え置きで展開っていうのは何かちょっと違和感がありますよね。

その辺がマルチになって対応という形になるのか一蓮托生で行くのか未来は水面のようにたゆたっています。

ikebukulog.hatenablog.jp