イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

「明治東亰恋伽 Full Moon」がスマホに移植決定!! 割れる乙女ゲーム市場

meikoi-vita.com

「明治東亰恋伽 Full Moon」がPS Vitaからスマホに移植決定!!
追加要素やリリース時期に関してはまだ不明ですが、いよいよ本格化していく乙女ゲームのスマホ移植の流れ。

「明治東亰恋伽 Full Moon」と言えばMAGES.ですが、オトメイトさんがPS4への完全移行を発表する一方で、こうしてスマホへの移植が増えていることを考えると、やはり乙女ゲームのメインプラットフォームはスマホになっていきそうです。

 

PS4へ追従するメーカーがあるのかどうか......

 

PSPであれだけ長くやってきてのVitaという流れがあって、ずっと携帯機をメインにしてきたジャンルなので、ここにきていきなり据え置きへ移行という決断には困惑の声も聞こえてくる乙女ゲーム。

ゲームジャンルの中でも極端に受動的でコントローラーでの操作に必要性がないADVというジャンルは据え置きで遊ぶのには面倒だったりしますからね。携帯機の利便性と合致してる部分があるので、据え置きかスマホだったらスマホに移行するという判断の方が現実的な気がします。

PSP→Vitaという流れでも売り上げ自体は下がっていますし、普及率も据え置きだと更に下がるのでMAGES.などの規模のメーカーにとっては中々厳しいんじゃないでしょうか。

そう考えるとスマホの方が良さそうですけどね。
ただこの手のジャンルってハードが代わる度に過去作を移植しまくって、価格のあまり変わらない完全版みたいな商法をしてたじゃないですか。スマホだと流石にその価格で売っていくのは辛いでしょうから、ルートの分割販売になったり或いは1500円程度まで価格が下がったりしそうです。

スマホで移植作を5000円とかで売るのはあり得ないでしょうし、今後、乙女ゲームのメ移植が進んでいくと、これまでプレイしたことがないタイトルもある程度リーズナブルな価格で遊べるようになるかもしれませんね。

据え置きだと初回限定版8.800円とか平然とやりますからね(笑)
SFC時代かよと。初代PSのとき、ソフト価格が5000円に下がったことも普及の大きな要因の一つでしたが、それが今やソフト価格が高騰してSFC時代へ逆戻りという......。

携帯機から据え置きだとソフト価格が2000円は高くなりますから尚更ユーザーの移行に時間が掛かるんじゃないかと。

やはり今度、乙女ゲーム市場は割れていきそうです。