イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

LOだけじゃない!! 茜新社の意外なBLコミックが熱い!!

ハートのACE~歌舞伎町ホスト推しメン伝説~ (EDGE COMIX)

なかなか面白いじゃないか!( ゚∀゚)

茜新社と言えば、ロリコミック雑誌『LO』や、前回大人気になり価格が高騰したロリババア専門誌『永遠娘』Vol.2が今月発売になるなど、アダルトコミックの印象が強いですが、何気なく書店で見かけたんですけどBLコミックもイケるやん!

ひたすらにニッチジャンルの追求者、茜新社......何者!?

 

業界随一の企画力

 

意識高い系なLOを見れば自とそのセンスが見えてきますが、ロリババア専門誌とか尖った雑誌は中々他からは出てこないだけに茜新社の独自性が見えてきます。

そんな茜新社さんから『EDGE COMIX』というレーベルでBLコミックが発売していたのですが、あまり普段見かけなかっただけに物珍しくつい購入してしまいましたが、これが中々面白い。

調べてみると、そんなに数は多くありませんがこれまでもちょくちょくBLコミックを発売しているようです。毎月雑誌が発売し、連載されている漫画が単行本になるといったような形ではないようなのでキチンと毎月一定数発売されるというわけではなさそうですが、しかしその歴史は意外と古く、かなり昔から出しているようなので、その辺は流石に聡いですよね(笑)

今後より一層力を入れて行くこともあるんじゃないでしょうか。
最近は割りとどの書店でもちゃんとBLとかのコーナーが作ってあったりしますもんね。ただ昔の方がもっとジャンプのアンソロとかが大量にあった気がしたんですけど、最近はそういうのも減ってるんでしょうか?

『るろ剣』とか『封神演技』とかのキャラクターがちょっと口は出さないような×××な内容の本が押入れに大量に積まれてますが、それにしてもあの手のアンソロジーもジャンプばっかりだったのは単に集英社が緩かったからとかそういうことなんですかね。

確かにその当時は他の漫画雑誌は明確に誌面のカラーが違っていてマガジンとかは『カメレオン』とか『特攻の拓』が連載していましたし、BL感が強いのは明らかにジャンプでしたが(笑)


茜新社さんだけではなく、今後どんどん新規にBLコミックのレーベルが増えたりしてくるのかもしれませんね。でも、BLゲーム市場があんまり拡大しないことを考えると何かしらそうはならない力学が働いているような気もして、一ジャンルとしてメジャーになっていきそうでそうでも感もあるので難しいところです。