読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

幼児「ハチミツちょうだい」→乳児ボツリヌス症で死亡

全国でも初となる乳児ボツリヌス症での死亡事故が起こったようです。
離乳食として与えたハチミツが原因と考えられるとの事。

事件を受けて厚生労働省、消費者庁も公式Twitterなどで情報喚起をしていますが、腸内環境の整う1歳以上の幼児ならハチミツを食べても発祥しないそうです。

しかし、そんな数ヶ月、数日で変わるのでしょうか?

子供は日に日に成長する

 

まさに知らないということが罪という今回の事故。
ご両親としても忸怩たる思いでしょうが、1歳未満の幼児にハチミツを与えてはいけないというのはどれくらい知られていることなのか、発祥しなかっただけで実際には離乳食として与えている人も多そうです。(※母子手帳には1歳未満の幼児には与えないようにちゃんと書かれているそうです。)

自分でも子供の頃にハチミツを食べていたことはありましたが、流石に1歳未満のときがどうだったかは記憶にないとはいえ、とても悲しいニュース。

しかし驚きなのが1歳未満は駄目だけど、1歳以上なら大丈夫ということの判断基準。誕生日を境に急にハチミツを食べても大丈夫になるのでしょうか。昨日までは駄目だったけど今日からは大丈夫なんていうのを真に受けるのは怖いですよね。ましてや腸内環境が整ったかどうかなんて外から分からないと思うのですが、それだけ子供の成長は早いということなんでしょうけど、少しは間を置きたいところです。

加熱しても菌を殺菌出来ないというのも怖いですが、乳児ボツリヌス症と食中毒のボツリヌス菌とはまた違う疾病なんですね。非常に学ぶべき点の多いニュースですが、赤ちゃんともなれば自分では気を付けようがありませんからね。

緊急搬送されてから約1ヶ月後に死亡というのも随分と期間が長く、その間に菌の増殖が抑えられなかったということでしょうが、早期に気づいて病院に駆け込んでもどうにもならないというのはとても怖い。それだけ幼児というのは代謝が良く日に日に成長していくものなんでしょうね。

なんとも悲しい事故ですが、我々はこういうことをしっかり教訓として学んで行くべきなんでしょうね。