イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

怒りのブックオフ「コミックの買取が10円で何が悪い!!」

ブックオフコーポレーション <3313> が業績の早期回復を図る為、取締役執行役員である堀内康隆氏が代表取締役社長に就任する事を発表した。松下展千社長は代表権のない取締役となる。就任日も同日となる。2期連続となる営業赤字が見込まれる中、経営トップの交代で業績の立て直しを図る。
ブックオフが社長交代発表 営業利益は2期連続の赤字見込み | ZUU online

f:id:ikebukulog:20170419163146j:plain

2期連続の営業赤字で苦境が続くブックオフ。
池袋にはサンシャイン60通りにブックオフがありますが、個人的には中古を買うこと自体があまりないので、たまーに覗くくらいなのですが、やはり買取価格などへの不満があるのか、ここ最近業績が低迷しています。

事業を拡大したりと様々な方向性を模索しているようですが、あまり上手くいっていないように見える業界の巨人。果たしてどうなるブックオフ!?

 

買取り商品は他の誰かが欲しいと思う商品なのか?

 

これはどちらかというと私達が買取りで物を売るときに考える事ですけど、本だったらボロボロ、ゲームだったらディスクが傷だらけとか平気でそういうものを買取りに持ち込む人っていうのも多いじゃないですか。

ゴミの引取り業者じゃないんだから、そんなものは二束三文で当然です。処分品として価格が付かないと言われても納得でしょう。自分が売った物が他の誰かが欲しいと思うような商品なのかっていうのは買取りに持ち込むときに良く考えたいところですよね。自分が買おうと思えないようなものを持ち込んでも、それは他の人も同じです。それで買取価格に文句をつけるのはお門違いでしょう。

しかし、それはそれで良いとして、ブックオフくらいの規模になると一々細かく査定してない。そうするとそういう殆どジャンクなものと、一定の品質のものとで買取価格がほぼ一律になってしまい、そこでこの種の不信感が生まれてるのかなという気がします。

例えば管理人の場合、本には全てブックカバーをつけて積んであるので、状態としてはかなり良い物ですが、それでもブックオフに持ち込んだとき捨て値しかつかないと思う。だったらブックオフじゃないくて、それこそ個人でオークションサイトに出品するとかそういう方向になるわけで、逆にブックオフを避けるようになります。

状態が悪い→捨て値、安い価格でしか売れない
状態が良い→そもそもブックオフに持ち込まれない

となるわけで、それこそ高々数百円のコミックを綺麗に保管している層はそんなに多くないでしょうし、基本的にはコミックなんてそこまでちゃんと管理しておくものでもないで持ち込んだとき10円と言われても妥当。

ブックオフはどっちの層からも避けられてる気がします。
昔は希少本が捨て値が買取りされてて古本ハンターが全国のブックオフを巡って発掘するとかもあったんですけど、そういうのも最近は減りましたね(゚∀゚)

というか地方のブックオフで同人誌が売られているのを見たことがあるのですが、あれはきっと店員さんが、バーコードもなくてどんな本なのか分からないけどとりあえず買取りしちゃったんでしょう。価格が付かないでしょうから0円で引取っただけかもしれませんが、この辺のブックオフでは見ない珍しい古本商材でした(笑)

立ち読みで人を集めるているだけに品質の面では期待出来ませんし、ブックオフで中を読んでみて気になったら他の書店で買うとかそういう風に利用されてそう。現状のままだと今後も業績が劇的に改善するということはないのでは?

家電や衣料品など様々に手を広げているので、将来的にはブックオフじゃなくて、Anything OFF(何でもオフ)になってそうだなぁ......。