イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

ニンテンドースイッチ、6月から更に深刻な品薄状態に突入

f:id:ikebukulog:20170531050634j:plain

1800万台に増産とは言っても......。

世界的に高い需要が続き供給不足に陥っている『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』。4月末の決算報告では当初1000万台出荷予定とのことでしたが、早くもそれでは足りないと1200万、1600万、1800万と連日増産計画台数も上がり続けている模様。

WiiUの累計は世界約1350万台なので、僅か1年でWiiUを抜く勢いなのですが、既にこれ以上の増産は不可能という上限値まで増産計画を拡充している任天堂。とはいえ増産を決めたからといって来週からすぐに供給量が2倍になったりするわけではないので、当分品薄は解消されないのでは?

それどころか強力に本体を牽引するタイトルが次々参戦で、6月から更に深刻な超品薄状態に突入しそうな気配が濃厚なので、来月から「はぐれメタル」並の遭遇率になっていきそう。

 

今度は綿密なソフト発売スケジュールが仇に

 

WiiUではソフト開発の遅れからロンチ後にソフトが発売されない空白期間が生まれてしまい、それが初期の躓きに繋がりましたが、スイッチではその反省から綿密なソフトスケジュールを組んでいる任天堂。

しかし今度はそのリリース計画が仇に。
本体の供給が追いつかない状態でソフトが次々と発表されているのでますます需要が過熱しています。実はこの5月が唯一谷間の期間だったのですが、そこで需要が一旦落ち着くどころか加速してしまった所為で、最早年末まで谷間がないという状況に。

GW後に需要がある程度落ち着き、そこから6月『ARMS』、そして7月には本命視されている『Splatoon2』の発売によって再び年末に向けて勢いが加速していくという流れでしたが、高い需要にハードの供給が全く追いつかず、8月には『MHXX』が発売となることが発表され、サードパーティー各社のソフトも徐々に発売日が決まり始めラインナップが充実してきたことでより一層品薄が深刻化。

イカ難民がマジで大量発生しそう......。
正直、『Spatoon2』の発売前には普通に買えるようになってるだろうとか結構みんな考えていたと思うのですが、ここまで品薄が続いたことで、暢気に構えていた層もイカの前に本体が揃わないのではという危機感がより需要を煽っているという(´ω`)・・トホー

この状況下で来月のE3では『どうぶつの森』新作や『メトロイド』の新作などが発表されるのではないかなどと予想されているので、もうどうしようもない。そんなこと言ってたら、あの無茶苦茶面白そうな『スーパーマリオ オデッセイ』が発売になり年末商戦に突入なので、今年中はもう品薄が解消されないでしょう。25周年のカービィも虎視眈々と出番を狙って爪を研いでますし。

増産していると言っても、ブラックフライデー、クリスマス商戦と年末に向けて抱え込んでいるところも多いでしょうから、来年の春くらいにならないと普通に買えるようにはならないのでは(笑)

しかし改めてソフト面で考えると1年目とは思えない強烈なラインナップですね。任天堂自身まだまだ発表していないソフトも沢山あるでしょうし、久しぶりに家庭用で明るい話題が続いているので、これからますます楽しみになってきました!