イケブクログ

池袋の話題を中心にホットなトピックスを毎日お届け

【週刊少年マガジン】『ランカーズ・ハイ』決着放棄で打ち切り

f:id:ikebukulog:20170621061909j:plain

むしろマガジンに天罰が下ると思う凸(゚Д゚#)

今週の週刊少年マガジンで『ランカーズ・ハイ』が打ち切りに。
お馴染みのマガジンポケット送りになりました。

打ち切り宣言!!

何が次回だよ馬鹿馬鹿しい。先週号で恐怖に駆られて試合から逃亡した渕上が復活。花峰相手に『龍』で反転攻勢に出て大逆転という決着直前に連載を放棄して打ち切りに。続きはマガジンポケットでとか言われても、そこまで続きが気になる漫画だったら打ち切りにはなってないと思う。

しかし一方で、こうした不誠実なやり方が読者離れに繋がっているのでは?

 

無責任な連載漫画多すぎ問題

 

『無敵の人』でも全く同じことをやっていましたが、決着の直前に打ち切りにして続きはマガジンポケットへっていうやり方は正直最低だと思う。『VECTOR BALL』にしてもアレだったし何なんでしょうね。

現在進行中の展開に決着が付いてから次の章を移籍して始めるなら分かるのですが、中途半端にラスト手前で移籍させて続きはwebって言われても、ただ白けるだけじゃないでしょうか?

引きの強いところで移籍させることで少しでも誘導出来れば良いという判断なのかもしれませんが、それは一切読者の方を向いてない理屈というか身勝手ですよね。連載してる漫画に対して責任放棄じゃないでしょうか。こんなことばかりやっていたら週刊誌を買って漫画を読むのが馬鹿馬鹿しくなってきます。

打ち切るならある程度ジャンプのようにテンプレでも良いのでラストまでの道筋を付けて終わるべきでしょうし、その漫画を楽しみにしていた人からすればこういうやり方は腹が立つと思うんですけど、とはいえ、そんな人も少ないから打ち切りなんでしょうね......(#゚Д゚) ゴルァ!!

流石に最近のヤバさを実感してるのか、巻末アンケートなどを強化している週刊少年マガジンですが、改善すべきはまずこうした姿勢なのでは......。

今後ますますエロ推しや袋とじといった手法に走りそう。
ジャンプ三原則みたいな分かり易いテーマがマガジンにはないだけに、何がマガジン風なのかって案外分からないですもんね。一昔前はヤンキー漫画だったりしましたが、ヤンキーは今ではチャンピオンという感じだしなぁ......。

掲載順位的に『楽々神話』も早晩打ち切りになりそうです。週刊漫画雑誌は大激動の中にいるというか、マガジンにしてもジャンプにしても大きな分岐点に差し掛かっている気がします。誌面を代表するような漫画がこれから新しく生まれるのかセンスが問われているのかもしれません。

とりあえず『コータローまかりとおる!』復活させてくれないかなぁ......。
蛭田先生は完治されたのでしょうか?

ikebukulog.hatenablog.jp

※追記

『楽々神話』『おはようサバイブ』『8月のアウトトロー』も打ち切り。
『あひるの空』『はじめの一歩』『金田一少年の事件簿』が休載に。
すっかり誌面が瓦解してボロボロのマガジンさん。

いま1番やべー雑誌マガジンから目が離せない!